2022年01月03日

#909 2022のこと

新年明けましておめでとうございます。例年と変わらずダラダラと過ごす正月を迎えております店長です、こんにちわ。とはいえ本人的にはかなり充実したお正月と思っている男。

さて、一昨年末よりですが仙台の榴岡天満宮の総代になってしまっている都合、大晦日から元旦の午前二時程度までは初詣の人たちの交通整理や御神酒の配布などなどのご奉仕活動をやっておりました。近年は身体の事もあって断酒中ですから、やれることが多い多い。二年目となりましたが、もうこれが私の大晦日〜元旦のライフワークになったんだろうなと思うと、残りの人生も固まりつつある年齢なんだと感慨深いわけです。大晦日23時に集合して準備をしていたときには寒いなりに風もなく晴れていて大雪の予想は外れたと胸をなで下ろしていた所に、新年になってすぐガンガンの吹雪!今年もドラマチックな一年の始まりでした。
帰ってから元旦は9時過ぎまでジックリ寝て、お雑煮食べて年賀状。この年賀状、お客様でも増えて参りました『環境に配慮して年賀状でのご挨拶は控えさせて頂きました』的な。毎年毎年、年賀ハガキの数が減っていくのは何とも寂しい限りですが、木を切ってハガキを作り石油燃料で運送・配送という事を考えれば環境問題に取り組む姿勢の企業としては無視できないという事でしょうか。これが一般的に常態化するならば当店もやらねばならないのかなぁ…気が進まないなぁ…いつまで続ければいいのかなぁ…とお雑煮をすすりながら今年一番目に考えた仕事の方向性に関する思考でした。いっそ国が年賀状自粛の方向にしてくれたらいいのに。個人的には化石燃料による二酸化炭素排出が温暖化に繋がっているとは思っていない(科学的な因果関係が取れていないと思う)ので、企業の姿勢として(ポーズとして?)そんな配慮もいるのでしょうか?郵政は大ダメージでしょうね。そして利用者が減ればお年玉付き年賀ハガキの当選確率が上がるのか?と密かな期待をしてみたり。
今年こそコロナ克服!と思っている矢先からオミクロン株の市中感染が広がり始めましたね。全国的にも有名「仙台の初売り」では大変な人出ですよ。近所のヨドバシカメラになんて怖くて行けたもんじゃない。当然ヨドバシさんも感染対策の徹底はしているでしょう。しかしあの人数がレジで長蛇の列。御用始めの後から爆発的に…なんてならないことを祈るばかりです。コロナによって様々な仕事が凝滞ごと見直す事態になっておりますね。当店もいかにして乗り切るか…老舗として古くから変わらない文化にオンブしてダッコしていては足下をすくわれます。常に考えを巡らせつつ試せることは試していきたい一年ですね。当然忍耐はまだまだ続きそうです。

本年も当店を宜しくお願い致します。楽しいブログを目指して残り約二年のブログとなりましたが、全力で頑張ります!



にほんブログ村 花ブログへ
クリックをよろしくお願いします。
花束とアレンジメントのギフト フラワーゼーレ
この記事へのコメント
是非コメントを書き込んでください
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

フラワーゼーレの前身となる「高橋生花舗」時代の
店長コラムはこちらをクリックしてください。