2021年12月27日

#908 2021年総決算のこと

毎年ですが年末は忙しくなるのだろうか?と不安になっていても、何となく忙しくなっている事に感謝ひとしおな店長です、こんにちわ。都合上ほぼ一人で門松の積載をして筋肉痛確定な男。

さて、今年も昨年同様にコロナ禍により色々な制限があった一年になりましたね。しかし昨年と確実に違うのは、それでもイベントをやろうという気概を持って皆接していた事ではないでしょうか。怖がるだけの対策は去年まで、いい加減動かねば!という感じを受けました。とはいえ私の従姉弟は今年一年で5日間しか出社せず、あとは在宅ワークだったという驚くべき仕事もあったようですが。それでも経済活動ができるのならそれで良くないですか?とア然ですが。なにがともあれ年末には飲み会が思うようにできる事への有難みを感じますし、堰を切ったように飲み会ばかりが続いておりました。
仕事に関しましては昨年よりも回復傾向にあるものの、まだまだといった感じです。来年こそは良い年にするぞ!業績を伸ばすぞ!と。業態と申しますか、仕事の内容に関しても大変思うところが増えました。「効率化なのか、ナマケなのか?」の線引きです。やろうとしている事、今悩んでいる事の対処方法が効率化なのか、ナマケているだけなのか?というのも部分です。ほんの一例ですが配達。お花の配達までウーバーイーツに乗せようという試みが大都市圏ではおこっています。配達から開放されただけで仕事は劇的に変わりますが、ウーバーイーツでどの程度の配達がこなせるのか?実際にそうなったとして、お客様への負担やサービスはどうなるのか…。ナマケているという感覚はございませんが、これはこれとして予断なく注意深く見守りたいと考えております(岸田総理風?)最適な時期に結論を出すのか?っていう…(笑)
来年は例年に戻したいですね。オミクロンなどと言われておりますが日本国内に限ると奇跡的なほど感染は進んでおりません。ワクチン摂取率もあるでしょうし生活習慣上、海外とは違って清潔な環境もあるのでしょう。折りに付けて気になるのは、それでも他の先進国のほうが経済成長しているのは何故なのか、これはもう政治の責任であるなと思うわけです。政治に期待をしてはいけませんが、自力で堪えるにも限界が来ないよう、効率化とナマケつつ(ナマケんのかーい!)過ごせたらと思います。

今年も変わらずにご愛顧賜りました皆々様に心より御礼を申し上げます。
また来年も格別のご高配を賜りますよう宜しくお願いいたします。




にほんブログ村 花ブログへ
クリックをよろしくお願いします。
花束とアレンジメントのギフト フラワーゼーレ
この記事へのコメント
是非コメントを書き込んでください
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

フラワーゼーレの前身となる「高橋生花舗」時代の
店長コラムはこちらをクリックしてください。