2021年03月08日

#866 架空のこと

今年も3.11が近づいて参りました。今週に入って様々なところで黙祷をする機会が増えている店長です、こんにちわ。10年経っても復興どころでは無く伝染病に苛まれるなんて。

さて、不謹慎ながら冗談じみた話です。数あるゲームのジャンルの中でも「シミュレーションゲーム」というジャンルがあります。反射神経を要求されるようなものではなく、熟考しながら展開を読んでいく将棋のようなゲームですが、そのジャンルの中には「育成系」というものがあり、さらに細分化した中に「都市形成シミュレーション」というものがあります。プレイヤー(自分)が市長になって街を発展させていく「シムシティ」などが有名です。私も好きでだいぶやり込んだのですが、都市形成ゲームでもイレギュラーなイベントとして大火災・震災・ハリケーン・旅客機墜落事故・タンカー座礁事故・原発事故・伝染病蔓延などがあり、そのための対策をせねばならないという場面があります。防災と減災の観点からの街作りをしているほど、これらの影響は軽微で済む場合もあり、市民からの支持率もゲームの進行度合いに関わるだけ無視できない重要なファクターだったりします。私がこのゲームをやっていた子供の頃、「まさか原発事故だなんて」と思ってプレイしていたわけですが…。震災の後も思っておりました、もうこんな地震は無いだろう…原発事故まで起こしたなんて…伝染病?!?!本当に思いも寄らぬといいますか、私が子供の頃に読んだオカルトものの予言者ノストラダムスや、聖書黙示録などに書かれていた「伝染病蔓延」なんてまさか、まさか本当になるだなんて。
ここからは冗談ですよ。この都市育成ゲームでのイベントでは前述の災害の他に「巨大怪獣出現」「市民のゾンビ化」「宇宙人の侵略」なんてものまであります!得てして「ハードモード」など難易度高めの設定にすると現れてくるこれらイベントはかなり厄介。まさか現実に起こるわけ無いでしょう…。でも米軍ではゾンビ対策の演習訓練を行いマニュアルまで作成し都市別のシミュレーションまで行っているとご存知でしょうか。ゾンビですよ?そんなのあり得るワケが無い。しかしゾンビではなくとも限りなく近い状態なら何かしらあるやも知れません。ゾンビ映画の中には、今回のコロナのように世界的に蔓延した伝染病対策のワクチンを打った人がゾンビ化するというストーリーもすでにあります。怖がらせるつもりも、笑いを取るつもりも(むしろコッチはチョットだけ)ございませんが、まさか?と思って来た事態がこの10年では起こってきたわけです。何が1000年に一度か!と思うわけですが。しかしまぁ「宇宙人の侵略」?あり得ませんよ。


と、冗談と思っていると降って湧いてくる…のか???
対策なんてしようがないじゃないか。

先にゾンビ化してしまって捕食者側になったほうがむしろ幸せなんじゃないの?って思い始めた店長でした。




にほんブログ村 花ブログへ
クリックをよろしくお願いします。
花束とアレンジメントのギフト フラワーゼーレ

この記事へのコメント
是非コメントを書き込んでください
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

フラワーゼーレの前身となる「高橋生花舗」時代の
店長コラムはこちらをクリックしてください。