2020年08月03日

#835 送迎のこと

お盆が近づき梅雨も明け、臨戦態勢に向かう当店内であります。店長です、こんにちわ。ネタがなくて困ります。コロナばかりやりたくない男。

さて、個人的な事ですが3週間ほど前、長男が部活の最中に足を骨折してしまいギブス生活を余儀なくされておりました。本来ならば地下鉄ですぐに行ける距離の高校でしたが、松葉杖にギブスのフルアーマー状態での地下鉄乗り降り、またそこから1キロ強ほど高校までの徒歩を考えますと「いいから一人で行け」とは言いづらく、毎日クルマでの送迎生活となっておりました。コレがメチャ混む!毎朝の渋滞は熾烈そのものです。思えば通勤1分以内という超恵まれた就労環境の私。自動車通勤などという経験は無く、また仙台のベットタウンとしても名高い、渋滞のメッカとも言うべき場所にある高校への送迎は本当に大変です。現在では私の父まで動員し、親子三代で朝の渋滞をどうかわすか?という事に。ここに来て私の父はすでに72歳の高齢者ながら病気一つない元気な老人。すでに仕事もしておらず「浮き世離れ」もございましてか、高校までの送迎に、あろう事かたった一区間ながら高速道路を使用するという暴挙に!しかしこれが費用対効果という面からすれば効率的なのかも知れないという…。というか父は仕事もしてないし時間なんていくらでもあるはずなんですが…。最初に聞いた時は絶句したものですが。思えば関東圏・関西圏などの大都市ならば高速道路利用は当たり前なんですよね。仙台は環状線的に高速道路がございますが、仙台の中心地にインターチェンジが来ていない事もあって、高速道路を使用するっていうのはナカナカ特別な事といった感覚です。従いましてETC機器も付けているクルマが少なく、ファミリーカーは未だに現金払い。これを機に少し考えようかな…。
幸い今週からは夏休み…と思いきや部活はあるそうで、何もできないのに部活には来いとの空気からやはり通い続ける事となっていますが…。考えるほどオカシイですけど、部活や仲間や青春ってそういうものなんでしょうかね。送迎で長男の高校へ行くたびに自分が高校生だった頃を思い出し、青春って何だったんだろうか、男子校を選んだ自分をとにかく恨めしい。長男は私と同じ高校に通ってますが私の卒業後に男女共学化を果たしていたのです。ちなみに私の祖父・父・私・長男と親子4代でお世話になっているという希有な高橋家です。公立高校ですよ、市立の名門とかそんなんじゃないです。


にほんブログ村 花ブログへ
クリックをよろしくお願いします。
花束とアレンジメントのギフト フラワーゼーレ
この記事へのコメント
是非コメントを書き込んでください
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

フラワーゼーレの前身となる「高橋生花舗」時代の
店長コラムはこちらをクリックしてください。