2020年04月06日

#818 甚大のこと

いよいよ緊急事態宣言が秒読みか?みたいな空気になってまいりました。そんな中、当店ホームページだけは順当という、みんなネットで用事を済ませていることがスゴイと感銘した店長です、こんにちわ。当店も営業時間短縮するか検討中。

さて、不謹慎かも知れないですけれど、『収束宣言までにコロナに感染しなけりゃお一人様100万円あげます!』って政府方針打ち出したほうが良かったんじゃないか?と思い始めました。収束宣言出ても経済はガタガタでしょう。そこで100万円のボーナスが待っているという期待感は経済的にも波及します。何より医療機関に行けば100万円が貰えない。確実に貰うためにも外出は自主的に控えます。感染しても医療機関を意地でも頼らない人が中には出てくる事も想定すれば、より外出は自発的に控える事になります。コロナを無関係にしたとしても、インフレターゲット2%の達成にはカネを刷りまくって配布するしかないという経済学者も多く、ならばなおさら、無感染の国民一人に100万円!と大号令仕掛けたほうがむしろ前向きなんじゃないか?と思った次第です。
マスク二枚配布って最初に聞いた時には呆れて爆笑しましたが、真偽は不明なものの市中に出回ったマスクは在日外国人が買い占めていて、どれほど大量に生産しても一般人が入手できないから…というまことしやかなウワサです。買い占める目的は転売でも本国への発送でもなく、ただただ母国の感染者数を誤魔化すためです。自分の家の火事を誤魔化すために周囲の家々に火を付けて回るような行動だというのです。そこまで組織立って動くって信じられませんが、米国でも大量にマスクを買い占めて隠し持っていた中国人が捕まったニュースが出ていました。あながち荒唐無稽とも言えないのかなと。それにしてもマスク二枚…総理も相当お疲れなんだろうかと思いましたね。思い出したのが映画「シン・ゴジラ」で刻一刻と決断を迫られ、誤った専門家の情報と、隙を狙う派閥闘争と、気になる支持率に苛まれた総理大臣の姿です。大杉漣さんの強ばった顔が印象に残っており、安倍総理と重なります。
中国ベッタリな議員のお陰で判断が鈍り遅れたのも原因でしょう。安倍総理の弁護をするつもりはございませんが、総理の腹心といえる政府要人達はつまり今の安倍政権には無くてはならない人たち、「女房役」とはまさにこれです。自分の妻がいるから今の自分があり、その妻の不手際や失敗を最後までかばおうとするのは夫として男としてアリなんじゃないか?いくら夫婦で話し合ってももはや正すことのない妻のクセともいうべきものを見ない振りして過ごしてきたツケかもしれないし、そもそも知っていて結婚したのかも知れない。そこは夫婦間でなければ到底理解はできない。離婚という手段は男の社会的地位として、総理大臣を総理大臣として維持するには致命的かもしれない。昭恵夫人のことじゃないですからね!例え話ですよ!

ヒマなもんだから色々考えてしまうんですが、当店も営業時間をどうしようか…。定時までやっている意味が無いんですもの…。無能経営者と罵られたくないですしねぇ。



にほんブログ村 花ブログへ
クリックをよろしくお願いします。
花束とアレンジメントのギフト フラワーゼーレ
この記事へのコメント
是非コメントを書き込んでください
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

フラワーゼーレの前身となる「高橋生花舗」時代の
店長コラムはこちらをクリックしてください。