2019年07月22日

#781 闇営業のこと

会社を通さずに自分で仕事を取って来てこなしてしまう事を指すようで、クライアントがたまたま反社会的勢力だったからという事で大きな問題に発展しているお笑い芸人が世間を騒がせております。店長です、こんにちわ。正直申しまして見るテレビ見るテレビに雛壇作って芸人並べている現状にウンザリ。

さて、よそ様の事はどうあれ、当店は物販業・小売業でありサービス業ではない都合からも、いわゆる「闇営業」なんて出来よう事がないのです。今般の吉本興業以外のタレント業だったりすると、こういった営業を厳しく取り締まっているのでしょうか?分からない世界であります。問題は解雇された芸人と会社側の論争に移り、発端の問題は見えなくなっていくばかりで、通常はどんな形態が正しいのか、このような問題があったとき、芸人側・会社側がどう対処するのが理想であるのか、まったく総括がされておりません。細かな事例ごとにルールを敷くのも必要なんでしょうか。例えばですが、友人の結婚式だからと芸人が出席し、突然ネタを要求されて本人も許諾してネタを行い、後日に新郎新婦からお車代やお礼と称してもらったものは報告義務が生じるのか?といったものまで考えると微妙です。一般的に少なくとも私の周囲では全く問題として話題にもなっていないわけですが、テレビは煽りすぎではないのか?それほど世間の注目を集める事案になっているのか?最近の世論はコンプライアンス重視に厳しいナァ〜と思う反面、知らなかったとはいえ反社会勢力と呼ばれるグループとの繋がりは、やっぱりイカンのです。そういえば、芸人と会社の解雇だのばかりクローズアップしてますが、その反社会勢力には取材に行かないのですか?そうですかジャーナリズムが聞いて呆れますねと(笑)。取材に行きやすい所にばかり行っている気が否めません。反社会勢力を抜きにして直接営業をしてしまう事は犯罪かどうかではなく会社との「契約」の問題であるはずです。どう契約を結んだのか。これは周囲がとやかく言う問題ではない。
当店、ちがう意味での「闇営業」は目標としたいと考えています。夜間営業のことですけどね(笑)。24時間とは言わないまでも深夜帯まで営業出来たら、より新たな需要の創出と残業のない交代制な営業活動も可能なのではないか?という事です。こればっかりはやってみないと分かりませんし、まだまだ実現にはほど遠いのですが。
「花屋の闇営業」…なんだ聞いた事あるな…
「圭子の夢は夜ひらく」???
夜に開花しないように電気を点けっぱなしにするのが「電照菊」です…
連想がオチに結びつかないまま…
まぁいいか。店長でした。



にほんブログ村 花ブログへ
クリックをよろしくお願いします。
花束とアレンジメントのギフト フラワーゼーレ
この記事へのコメント
是非コメントを書き込んでください
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

フラワーゼーレの前身となる「高橋生花舗」時代の
店長コラムはこちらをクリックしてください。