2018年10月15日

#741 引っ越しのこと

20ウン年間住んできた自宅を大改修する事となりました。本日、旧家を引き渡して業者により大破壊中ですが疲労困憊の店長です、こんにちわ。分かっているだけであと3回はこんな引っ越しを繰り返さねばならない男。

さて、現在は花屋のあるビルの2階に住んでおります。店舗のすぐ上、3DKの間取りで賃貸していた部屋を二部屋ぶん、カベを打ち抜いて広く取って住んでいたのです。高校卒業辺りから20ウン年です。しかし結婚して子供も3人恵まれ、その子供たちもスクスクと育ち個人別の部屋も欲しいであろうお年頃に差し掛かりつつあり、思い切って部屋を改装という運びになったわけです。もう一部屋ぶんカベを打ち抜いて広げるか…とも思ったのですが、改装面積が増えればそれだけ費用もかさむという事もあり、知り合いの建築屋さんに無理を承知で予算ありきの相談を持ちかけました。何とも強面の男らしい風体からは想像も付かないほどの女子力高い提案と図面を見た時は驚いたものです。ビフォーアフターという番組がありましたが、あの施主の気分ですね。(ちなみに建築のプロからするとあの番組は本当に「何てことをしてくれたのでしょう!」な改悪ぶりなんだそうで。)6畳弱ながら十分な子供部屋を3つ、今までよりも広いリビングとキッチン、主寝室を備え、仏壇も神棚も見事に設置、ナント私の書斎まで!!要望の中でも最も最下位となりがちなオトコの書斎…。夢じゃないですか。これが年末には私にも来るのです!!もうワクワクが止まらない!!次々と提案から繰り出される女子力の高さもすさまじく、「調味料の中でもちょっと特殊な味塩コショウの瓶が入る引き出しの高さは…」など、妻でさえため息が。年末ギリギリの引き渡しとなりますが、かえって大掃除しなくていいと考えればまだいいか…?!?!
と、自慢話ばかりで終わりません。この大改装の為に現在の家から仮住まいとして同じビル内の別フロアに引っ越したわけです。エレベーターですぐなので、引っ越し業者なんて使うのは可笑しいですし、すべてを自分たちで引っ越ししたわけです。冷蔵庫が…洗濯機が…仏壇が…金庫が…なぜにこれほど重いのでしょうか。しかも働きながらの引っ越しですから仕事中でもチョコチョコ抜け出してやりはしておりましたが連日深夜にまで及び、さらに仮住まいは仮住まいですから狭い!そもそも5人家族で住む広さではない!約2ヶ月半の辛抱ですが、少しでも快適さを求められるよう日々の配置換え研究は続くのでしょう。なにより嫁の断捨離できない病末期症状の凄まじさです。特に服と本とCD…。私は今、自分のCDなんて残っているでしょうか…随分前からすべてデータ化したような…。

冒頭での「あと3回は引っ越しが確定している」のは、今回の引き渡しで住み替えが2ヶ月半後(1回目)、当店所在地のビル自体の対応年数的にも建て替えが10年後程度に確定しており退去(2回目)、そのビルが出来上がったらまた戻ってくる(3回目)。つまり今回の大改装も10年という期限付きでして、これからのビルごと建て替えに対する予行演習的な意味合いもあろう事かと思うのです…。

神の如き建築技術と女子力の高さは
石黒建築工房株式会社様です!



にほんブログ村 花ブログへ
クリックをよろしくお願いします。
花束とアレンジメントのギフト フラワーゼーレ
この記事へのコメント
是非コメントを書き込んでください
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

フラワーゼーレの前身となる「高橋生花舗」時代の
店長コラムはこちらをクリックしてください。