2018年01月29日

#704 樹氷のこと

日曜か月曜更新の当ブログ、なんとか月曜に間に合いましての更新です。店長です、こんにちわ。忘れていたわけじゃございませんの!

さて、奈良県の同業者で大変仲良くさせて頂いている友人が仙台に旅行に来たいと連絡が入ったのが2週間前。そして昨日朝に仙台空港へ来て、そこから丸々二日間、オヤジ二人でワイワイキャッキャと仙台(というか宮城県?)周遊を楽しんだわけです。先輩であり友人でもあり大恩ある友人が仙台に来るとあっては、何を差し置いてでも御一緒せねばなるまい!と息巻いた私が、結果的に最も楽しんだ結果になってしまい、恥ずかしいやら家族にも会社にも申し訳が立たないなぁと反省しているフリしてみたりしています。
彼からまず行きたいというリクエストに「蔵王の樹氷ツアー」という条件が!宮城県民であれば確実に行っているであろう蔵王。しかしこれを真冬の、しかも樹氷を見に行ったという経験はまず無いと思うのです。私も初めての経験にビックリと期待とでおもしろおかしくオヤジ二人の旅行をして参りました。何よりも奈良県の方ですから、積雪という事自体をあまり経験したことがない。気温がマイナスになるなどという事もほぼないという環境から、いきなりの樹氷です。正直大丈夫なんだろうか?と思いましたが、先週の大寒波によって仙台市内にも路肩に残る雪をみては大興奮する姿に無邪気な子供の姿を見た気がしました。私も雪はキライではございませんが、仕事の視点からついつい「あー面倒」という感想を持つものです。あれだけ無邪気に雪と戯れる彼を見ては自分に反省を促してみたりするわけです。
樹氷は、寒いところならどこにでもできるというモノではございません。厳しいながらも複数の条件が重ならなければできず、だから貴重なのです。ただ山の木に雪が覆っただけと思っていたら大間違いです。ですから樹氷ツアーができるのは1月も中旬〜2月いっぱいまででしょう。樹氷になる条件の一つにはマイナス15度〜20度という気温も必須で、当然ながら防寒対策は必須です。しかし本当に今日は運が良く、天気も良く強風も無く気温も奇跡的なマイナス6度前後、本当に恵まれた環境でのツアーを楽しめました。気になる方は調べて見てくださいね。あと、冬の蔵王ですが樹氷ツアーの雪上車乗り場までは自家用車で行けます。四輪駆動を推奨しますが、四駆であれば問題ないでしょう。
日帰り入浴ながら温泉も二日間別々に場所に入れてトラブルも無く、全国的にも今話題になっている仙台のグルメ「牛タン」「さいちのおはぎ」「定義山の三角油揚げ」「セリ鍋」などなども堪能し二日間ビッシリ充実でした。仙台ってそんなに観光地がないと思っていたのですが、ここまでできるものなんだなぁ…と自分でも驚いた限りです。

オヤジ二人で女子力高そうなスイーツ食べたり温泉で唸り声を上げてみたりと、充実の二日間をありがとうございました。また何かしらの企画でお会いしたいですね。
クタクタに疲れているかと思いきやバリバリ元気で明日が怖い店長でした。




にほんブログ村 花ブログへ
クリックをよろしくお願いします。
花束とアレンジメントのギフト フラワーゼーレ
この記事へのコメント
是非コメントを書き込んでください
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

フラワーゼーレの前身となる「高橋生花舗」時代の
店長コラムはこちらをクリックしてください。