2017年10月02日

#687 政界のこと

いやぁ、本当にネタが無いんです(困)。そんな時に限って政界が騒がしい。笑い話のネタに尽きない政界がうらやましくもあるのですが、難しい政治の話は置いといて、世間一般的な常識としての雑感。店長です、こんにちわ。保守な男。

さて、まず断っておきますと私は右でも左でもない。保守というものは右という捉えかたが一般的でしょうけれど、私の中では至極当然と思われることが保守の主張に合っているというだけです(それを右というのか)。野党というものは政権をチェックするという側面「も」あります。ですから、いろいろな問題を見つけ発掘し誇大にしてでも問題意識を煽るというのも一つございましょう。しかしそれだけではいつまで経っても政権与党にはなれません。与党よりもより良い実現性ある政策を出してこそ野党ではないか。強行採決だ、数で押し切られた、独裁だと騒いで審議拒否するというものは政治家としてあるまじき行為だと思うのです。国会で議論するのが政治家の仕事です。間違ったことは言ってませんよね?地元に帰って市民の意見を聞くのも大事。しかし国会会期中ならまず議論を優先して然るべきでしょう。上司や会社が気に食わないから休みますって世間一般で通じる筈が無い。数で押し切られたと言いますが、当たり前ですよ。そう言っている政治家も票数という数で選ばれた議員じゃないですか。良いか悪いかは別次元として、最大人数の最大幸福というものが民主主義の根幹です。野党が数を味方につける場合は国民の声な筈です。『アベ独裁者は許さない』なんて抗議もよく見ます。仮に独裁者だったなら、抗議集会をした時点で銃殺や逮捕ですよ。大多数の国民から支持されることでしか与党にはなれません。しかも国民の大多数はモリカケ問題を知りたがっている!とうそぶいておきながら、いざ衆議院解散となると自らの保身のために一斉に離党したり今までの主義主張をアッサリ変えて議員にしがみつく為ならなんでもしようとする。最大の関心事がモリカケだったのでしょう?なら何故それを争点に選挙戦を堂々と繰り広げないんですか?保守でなければ受け入れないとハッキリした希望の党の入党資格に合わせてコロッと主張を変えてまで。子供に見せられませんな。教育的指導!と言いたい。
マスコミもすでに疑惑の目でしか見なくなりましたが、マスコミもそもそもジャーナリズムというものは政権のチェック機構という側面「も」あります。百歩譲れば、どうしたって政権与党への批判チックな内容になってしまうのも理解はできる。しかしあまりに偏向しすぎている。これじゃあ視聴率も落ちますしそんな媒体にスポンサーが広告費を出すはずがない。こんなイチ花屋の店主ですら判ることがどうして止められないのでしょうか。甚だ疑問です。
安倍総理をまず叩く人たちが居ますね。何故か「アベ」とカタカナ表記するんですね。何らかの意思があるのだと思いますが、まず反安倍総理を語る人たちは、どうして嫌いなのか、その理由がハッキリしないんですよ。彼が行ってきたこと、やろうとしている事はマトモな国なら至極当然な事で、今まで日本に無かったことのほうが不思議といったくらいの事です。私も安倍総理を好きか嫌いかなんて判断はしませんが、「よくやってくれている」ことは確かですよ。間違いなく歴史に名を残す事になると思っております。

ちょっと炎上しそうなネタをあげてしまいましたね。ここの書き込み欄に対しての抗議や誹謗中傷は削除いたします。ここで反安倍さんの議論をしても時間の無駄ですし、何も変わらないからです。イチ花屋の店主に反論するくらいなら、もっと夢のある何かをしていただきたい。



にほんブログ村 花ブログへ
クリックをよろしくお願いします。
花束とアレンジメントのギフト フラワーゼーレ
この記事へのコメント
是非コメントを書き込んでください
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

フラワーゼーレの前身となる「高橋生花舗」時代の
店長コラムはこちらをクリックしてください。