2016年12月25日

#0647 サンタのこと

クリスマスですね。既婚3児の父としてはサンタをせねばならず、しかし本業のほうはといえば鬼気迫るような忙しさもなく、良いのか悪いのかと自問自答の店長です、こんにちわ。クリスマスが週末に掛かるとお花は売れないなぁ。ウチだけ?

さて、長男は小学6年生。よもやと思いますが、もうサンタを信じてはいないでしょう。次男・三男はまだまだ絶賛信じ中です。毎年毎年長男にはサンタを信じ続けてくれるよう何故か頑張って理論武装した私としましては、親の気持ちも知らず毎年毎年鋭い指摘をしてくる長男を引き留めるために様々な手を講じておりました。例えばゲーム機をプレゼントすれば「サンタはヨドバシカメラでゲームを買ってくるのか?保証書にヨドバシのハンコがある」とか「サンタはトナカイで来ないのか?Amazonの納品伝票がある」等々。サンタを信じる心は大事だと思うわけです。事実がどうあれ、いずれ親になる為にも必須と考えます。サンタを信じないという長男の友人も巻き込みつつ、サンタがいかに大変な仕事をしているかを切々と説明した事もありました。そしてもはや中学生になろうという長男に今年準備したサンタ実在の理論武装は…

基本的にサンタは自分で作った手作りのプレゼントしか配布しない。ゲームやオモチャなど、カネで買えるモノを欲しがる子供にホンモノのサンタは動きようがない。しかし子供の要望を聞かないわけにもいかず、困ったサンタをじつは世界中の大人が助けている。オモチャを作っている人、ゲームを開発している人、子供が欲しいと思うものを必死に考えている人達、みんなでサンタを助けて協力してサンタの仕事を分担している。だからいつか大人になればサンタから協力の依頼が来るかもよ。

さっぱりチンプンカンプンな長男ですが。彼もそのうち頭を悩ますのかと思うと感慨深いですね。その為にはいろいろと条件が揃っていないといけないと思いますし、気持ちの問題でもあると思うのですが。いつまでもクリスマスにはサンタの事を考えられる自分でいたいものです。

最後に、クリスマスは恋人と過ごさないといけないといった危機的雰囲気って歳と共に無くなったと思っていたら、老若男女問わずにそんな雰囲気なんだそうで。草食系とか絶食系とかそういう影響なのか、世の中のトレンドなのか…。私にはついぞサンタコスプレしたおねーさんは来ませんでした。日々の行いが悪いから?



にほんブログ村 花ブログへ
クリックをよろしくお願いします。
花束とアレンジメントのギフト フラワーゼーレ
この記事へのコメント
是非コメントを書き込んでください
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

フラワーゼーレの前身となる「高橋生花舗」時代の
店長コラムはこちらをクリックしてください。