2016年12月11日

#0645 データ復旧のこと

仙台も雪が舞うようになりました。積雪まではしておりませんが、もうそろそろ秒読みでしょうか。雪大好き冬大好き店長です、こんにちわ。仕事に差し支えることは心配しない脳天気。

さて、当店のパソコンではないのですが、出入りしているある事務所のパソコンでとにかく動作が重くなり、文字一つ変換するのに数秒待たされるという状況になって初めて私に相談が舞い込んだのです(※花屋ですが)。そこで確認すると起動するのに15分という初代のパソコンだってそんなにかからないよ、という状況。色々と診断していくうちにデータや設定などといったプログラムのエラーに関するものではなく、物理的な破損を疑うようになり、ついに起動すらしなくなったという状況に。パソコンの起動部分にはパソコン全体を制御するプログラムが多く収容されていることから、物理的な破損であっても分解して記憶領域(ハードディスク)を取り出して、別の正常なパソコンに接続してやれば起動を回避しつつデータだけを取り出せるものとお気軽に考えていたのですが、これも失敗でした。
ここで人生で初めて「データ復旧」のプロに依頼しようということになり、壊れているハードディスクを持ち込んで見積もりをして頂いたのです。その業者のホームページではハードディスク自体の総容量別に復旧金額の目安が決まっていて、今回のケースですと軽微なもので6万円から、重篤で11万円からとなっておりました。それを掛けてでも復旧が必要な大事なデータでしたので、具体的に見積もりを依頼してみたところ、ナナナント60万円!!しかも工期に1ヶ月!!データの救い出しに60万円も掛けるくらいなら、バイトを2人くらい雇って一ヶ月間程度で印刷して保存しておいたものをデータに起こし直しして貰った方がいいのではないか?という状況になりました。しかしいくら何でも法外な気がしてならず、別の業者にも同じく見積もりを出したのです。すると出された見積もり12万円、工期は翌日!!…全然違う!!結局二つ目の業者にそのまま依頼し、12万円で無事に何の問題も無くデータの復旧が完了したのです。それでも新しいパソコン一台分の金額になってしまったのですが、60万円とは雲泥です。この度の故障したパソコンは新品で買って丸3年の使用でした。そんなに激しく使用しているものでもなく、何故このような飛翔をしたのかは定かではありませんが、データのバックアップって大事ですよ!特にデジカメで撮った大事な家族の写真など、打ち直してどうにかなる文書類とは違いますからね。データを自動で定期的にバックアップしてくれるソフトって無料で配布していたりしますから、今回はこれも入れたわけですけども。

なぜこのような差になるのかは素人なので想像の域でしかないのですが、医療同様に「セカンドオピニオン」って大事なんだなぁと思った次第でした。



にほんブログ村 花ブログへ
クリックをよろしくお願いします。
花束とアレンジメントのギフト フラワーゼーレ
この記事へのコメント
是非コメントを書き込んでください
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

フラワーゼーレの前身となる「高橋生花舗」時代の
店長コラムはこちらをクリックしてください。