2016年10月31日

#0639 先取りのこと

世の中の先取りはどこまで進むのでしょうか。本日はハロウィンでしたが、曜日の関係から週末にはハロウィンのイベントが多かったですよね。マライア・キャリーです、こんにちわ、嘘です。店長です。

さて、本日もうラジオからマライア・キャリー「恋人達のクリスマス」が聞こえてきたんですけど…。商売病でしょうかね、あれを聞くと脊髄反射的に神経が「忙しい!」モードになってしまう。11月からもうクリスマス準備ってどうなんですか?業界内としましては9月には「クリスマス・お正月資材展示会」をやったんですれど、前倒ししなくちゃいけないほどのモノなんでしょうかね。資材屋の都合じゃないの?と勘ぐってしまいます。少なくとも花屋業界としてはそんなに急ぐケースは少ない気がしますが。これは前倒し・先取りと言えるかどうか疑問もございますが、当店お客様で老舗のきもの呉服店様では年中「成人式用振り袖展示会」をやってますね。真夏だろうが、成人式直後であろうが、月に一度はやっていて、それで需要はあるって事ですから驚きです。随分前にネタにもしましたが、来春から小学生になられるお子様のランドセルや学習机の予約は今日現在ではすでに遅い。一体どれほど前から予約受付をしていたの?というほど。ランドセルのテレビCMが流れている時に予約はもう遅いっていうんですから驚かされます。何のためにテレビCM流すのか。と、言いつつ花屋業界でも5月の母の日を3月からご予約開始キャンペーンしていたりするんですけどね。
花屋さんの仕事に特化しますと、ご注文を前々から頂けるというケースは希です。同業他社に色々と聞いてみますと、やはり多少の差はあっても「明日に」「今すぐ」のご注文が多い。しかしながら切り花の仕入れは週に三回しかありません。ご要望に対応できるとも限らないのです。ナマモノで新鮮さを大事にすれば尚更ですね。ですから、一日でも早いご注文を宜しくお願いします!と言い続けでおりますが。まぁ理想論です。ことさらお花も自然を相手に栽培されています性格上、工業製品ではないので、天候次第ではご予約頂いた通りの入荷にはならない場合が多い。現在、野菜は高いですよね、天候による影響ですが、お花にも同じ事が言える。今、お花は高いですよぉ〜…ボソッ。業界内でもため息ばかりです。幸か不幸か、需要自体が下がっているタイミングですから助かっていたりするのですが、これで忙しいタイミングだったらと思うとゾッとします。

時代を先取る男、店長でした。
…時代を先取る人って波瀾万丈な人生な気がする…。





にほんブログ村 花ブログへ
クリックをよろしくお願いします。
花束とアレンジメントのギフト フラワーゼーレ
この記事へのコメント
是非コメントを書き込んでください
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

フラワーゼーレの前身となる「高橋生花舗」時代の
店長コラムはこちらをクリックしてください。