2016年09月26日

#0634 受信料のこと

払ってますか?ウチでは子供たちが中心ですがまだまだお世話になっておりますし、災害となれば妻が頼るので受信料支払って見ています。店長です、こんにちわ。それでもオカシイと思う男。

さて、NHKの事ですね、日本唯一の国営放送であって「受信料」であって「視聴料」ではないということから受信できる機器を所有した時点で見ているのか、いないのかの是非に関わらず受信料を払え!というのが言い分です。しかしここに商法が絡み「契約を締結したものに関してのみ」効力があり、本人の意思とは関係なく契約されたものは解約可能にも関わらず、解約という概念がないという矛盾しているのが現状です。最近ではパソコンやスマホであっても受信料を取ると言い出しており、悪質な「みかじめ料」のようだと揶揄する声も。なぜ受信料の支払いが義務であるというのなら税金で運営しないのか、国営放送というものの存在自体があいまいです。そもそも論になっていくと話はボケるのですが、義務といえるだけのキチンとした番組を作っている、報道しているのか?と突っ込みが入ると甚だ反論に窮するのではなかろうかと。
「報道の自由」を掲げている反面、「報道しない自由」と言われるほどに偏向報道と言わざるを得ないような実態もあります。よく犯罪事件の報道で「○○才の男」などという報道ですね。実名を伏せている。これらはほぼ99%在日の特定アジア人の犯行であり、通名・偽名もまかり通る、本名を出してしまえば「また在日か!」となってしまう事からでしょうか。今般の沖縄米軍基地の高江ヘリパッド建設に関わる市民反対運動が顕著です。テレビでは「市民が反対して道路を封鎖」と伝えますが、そのじつ反対しているのは沖縄県民ではなく、本土からやってきたプロ市民活動家たちです。しかも日本人ですらなく在日韓国人。今流行の二重国籍者達。日本の平和のために…と憲法9条改憲反対と抗議して暴動を起こし、日本に軍備は要らないとヘリパッドの建設を実力行使で妨害する。国内の事で平和に関することには大きな活動を起こす反面、北朝鮮のミサイル発射実験などに対しての活動や意見は一切しないというステレオタイプです。平和のために争いを起こしているという矛盾をどのように考えているのでしょうか?こういった事実をテレビでは報道しない。
これらが顕著に見えてくるのはネットでの情報からです。当然、ウソや噂程度のものもありますが、気になるキーワードで検索をして見ていくと、スポンサーや資本主義の縛りに捕らわれていない本当の情報もたくさん出てきます。それを見ているとテレビを見る気にはなれなくなります。どうせ誤魔化しかウソの報道ですからね。NHKの職員の一定数が在日だという事も衝撃的事実のようです。テレビは征服されたのかもしれないと思うと受信料も払うべきなのか甚だ疑問になるわけです。



にほんブログ村 花ブログへ
クリックをよろしくお願いします。
花束とアレンジメントのギフト フラワーゼーレ
この記事へのコメント
是非コメントを書き込んでください
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

フラワーゼーレの前身となる「高橋生花舗」時代の
店長コラムはこちらをクリックしてください。