2016年09月19日

#0633 秋彼岸のこと

本日は敬老の日ではございますが、華麗にスルーしてしまう当店。ご注文があればキッチリ対応いたしますよ!でも敬老=お花というイメージにはなかなかならないようでして。店長です、こんにちわ。むしろ墓参りで繁忙期。

さて、当店ではスタッフが一人増えてからのお盆を経験し、今までに無い反省点もまた見えてきていまして、今回秋の彼岸には全員のスペックをフルに生かせるられるように一人考えを巡らせていたわけです。特に作業台の問題。一人増えると作業スペースの確保がよりシビアになるんですね。快適な作業環境の提供こそ経営者の仕事と考えている私としましては絶望的ともいえる作業効率の改善こそが急務でもあり、普段は使用せずとも必要になったら「アラ不思議!何ということでしょう!そこには広大な作業スペースが!!」くらいの、リフォームの匠もビックリの店内改装を仕掛けたりしていたわけです。DIYにて1万円の低予算ですが。これが大当たりの感触でして、今年はまだ日付変更線を跨ぐような残業にはなっていないわけです(ヨシヨシ…)。たいした努力をしているわけでもないのに、年々上がっていくお墓花の売り上げ(同業者の廃業が原因です)。これをカバーできるように在庫の確保も重要になりますが、大量の在庫を抱えても抱えても店内に置ききれないほどの状況が一日でカラになるという嬉しい阿鼻叫喚です。本日は彼岸の初日目「入り日」ですが、雨にも関わらず大変な売上げ。有り難い限りですが、この在庫と保管という部分にはまだまだ改善の余地があります。こと3月の春彼岸ではお墓参りだけに集中できないほど同時展開で色々なご注文が舞い込む。来年に向けて今から改善の計画を立てねばならないのです。こう見えても経営者ですから!
自己努力でなんとかなる問題でもないとは思うのですが、もう一つ頭を悩ませているのが近所の渋滞です。大型量販店への買い物で大渋滞。何でしょうか?連休最終日とボーナス期の週末には家電を買わなければならないような文化でもあるのでしょうかね。あまりの渋滞で二進も三進も配達が進まない状況になってきております。決まって午後から夕方の渋滞が激しく、ここを避けたいと思いますが、そんな時に限って夕方の配達がワンサカだったりします。「ついに当店もドローンで配達か!?」とか現実味のないことを考えてしまうのですが、お花をドローンで配達ってどうなんですか?…って10数年前にも宅配で生花ってどうなんですか?なんて文句言っていた自分…。バーチャルなお墓が流行していると聞きます。ログインすればいつでも自分の墓石にアクセスできるんだそうです。ドローンでお墓参りなんてのも出てくるやもしれません。そんな時、当店はどんなお花をご提供出来ているのでしょうか…。とりあえず検証のためにも秋彼岸が終わったらVR(仮想現実)のゲームでも楽しもうと考えている店長でした。



にほんブログ村 花ブログへ
クリックをよろしくお願いします。
花束とアレンジメントのギフト フラワーゼーレ
この記事へのコメント
是非コメントを書き込んでください
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

フラワーゼーレの前身となる「高橋生花舗」時代の
店長コラムはこちらをクリックしてください。