2016年09月11日

#0632 奈良のこと

先週、一泊で奈良県へ行って参りました。旅行ではなく奈良県のお花屋さん達にお呼ばれしまして講習会の講師でございました。店長です、こんにちわ。半分以上が観光っぽかったり…。

さて、じつは奈良県への講師出張は7年ぶりで2度目でございました。テッキリ6年ぶりと思っていたのですが調べたら7年でした。7年前はホームページでの販売について、花屋さんに特化した内容をパソコン使いながらの講習でしたが、今年は実際の発送技術です。生花を送るにはどうしたらいいか…ですが、日々研究しかないんですよ。相手はナマモノで冷凍はできないし、クール便では冷えすぎるといった特殊なものですからね。当店では発送をはじめて13年間の実績とスキルがあることから、これらを惜しむこと無くすべて出し切った格好です。たとえば、今でも居るんですよ、花束を寝かせた状態で梱包している花屋さん…。基本中の基本だと思うんですけどね、立てて梱包する事は。少し踏み込みますと、13年前とは運送業界もずいぶん様変わりしておりまして、料金形態や箱のサイズ規定に関しての厳格化に伴い、クール便のサイズダウンなどがありますね。クール便は通常5度です。お花には冷えすぎる。だから真冬のような梱包をして真夏に送っていたのは数年前までで、現在では通常便でありながら箱の中を15度前後に維持するための仕掛けを施しています。送料がクール便のぶん掛からないしリスクも減ります。状況が変わるたびに当店の発送・梱包技術は変化していくわけですね。
さて、タイトル通りに奈良です!お隣の京都や大阪はとにかく有名でしょう。かく言う私もお呼ばれしなければわざわざ奈良をメインにして奈良に宿泊し奈良のみ観光なんて、まず発想すらしなかったのではないか。7年前には寺社仏閣を巡りました。たくさんの仏像達一体一体が国宝で、寺院が世界遺産ですよ!手を伸ばせば触れるような距離ですよ!東北で世界遺産やら国宝なんて思いつくだけでも宮城にはなく、岩手の平泉くらいでしょうか(違ったらゴメンなさい)。しかしここは悠久の古都!飛鳥時代やら奈良時代やらともう1000年以上前のものがゴロゴロとあり、感覚がおかしくなってきて500年程度前だと「新しいんだな」なんて失礼に思ってしまうほどの歴史満載!今回は寺社仏閣も若干行きましたが、古墳メインの盛りだくさんでした。天皇陵というやつですね、今でもきちんと宮内庁が管轄している古墳群です。あれって現場に行くと判りますが、当然ながら古墳は上から見て古墳と気づくんですね。近くに高台でもないと判らない!規模が大きくなれば大きくなるほど、ただの原生林な丘と池といった感じにはか感じられない。古墳とはいえ芝生でキレイに養生されているわけでもなく、普通に木々が生い茂る原生林ですから!よく見つけたなと。五重塔ひとつとっても、さすがはシルクロードの終着地というだけの事はあり、全く関連がないように思われるギリシャ・パルテノン神殿のような建築様式を模倣していたと思われるところが随所に見られ、西洋・東洋と和がどのようにミックスしていったかを一気に時代別に見て取れます。仏像の表情ひとつ見ても、時代ごとに表情が変わり、日本の文化水準の推移も見て取れる。高校性の修学旅行で法隆寺くらいは見ましたけど、本当にあんな年齢で行くべき場所じゃないですね。40超えて行くと素晴らしい歴史に開いた口が塞がらなくなります。おそらく50代になって行っても再発見の連続ではないでしょうか。

あまり「パワースポット」とか信用するタイプではないのですが、帰宅後二日経って、私の体が非常に元気になったのを感じております。今もです!まるで10代の頃のような、みなぎるパワー!!これは奈良にドップリと浸かって奈良の料理を食べて、奈良の方々との交流があったからだと確信しております。奈良県の観光大使じゃありませんが、日本人として、日本のルーツを辿ってみるというのもかなりオススメしますよ!
奈良で関わったすべての皆様に心より感謝申し上げます。

次は日本神話の世界か!?

14238357_912700618835110_4268666591791586814_n.jpg
明日香村 石舞台古墳にて



にほんブログ村 花ブログへ
クリックをよろしくお願いします。
花束とアレンジメントのギフト フラワーゼーレ


この記事へのコメント
是非コメントを書き込んでください
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

フラワーゼーレの前身となる「高橋生花舗」時代の
店長コラムはこちらをクリックしてください。