2016年05月16日

#0616 優秀性のこと

最近、というかここ近年特に「世界における日本の優位性」みたいなものを喧伝するメディアがとても多いと思っていまして、雑感と申しますか感想。店長です、こんにちわ。やわらかな国粋主義者。

さて、世界各国から見て日本のスゴさとか日本人の礼儀正しさとか、そういったものを殊更過剰に出しているような気がします。私が義務教育だった頃は「資源のない国」「敗戦国」「貧しさからやっと脱した」ような言い方がほとんどで、日本はスゴイ!なんて煽り立てるような事は不自然なほど無かったと記憶しています。現在では日本語の上手な外国人タレントまで起用して日本人ってスゴイよねって日本国内向けに放映している。日本語できる外国人なんですから、日本が好きで日本語覚えて日本に住んでいるんですから、褒めるの当たり前だと思うんですけどね。こんな企画で番組作るなら、近くて遠い事で有名なお隣の某国にでも行って、該当インタビューしながら本当の姿を啓発してくるくらいの活動をしてみては如何か?と思うのです。自国民に対する番組で自国民の世界における優位性をただただ流すのでは、前述の某国がやっているのと何ら変わりないと思うのです。
内容にウソはないと思います。私も日本国外に出た経験くらいはありますから、大筋では合っている。でもだからそこにアグラをかいてはいけないし、それ以前に他国と比べて何になるのだろうか?と甚だ疑問もあるのです。こうして国民性という単位で特色という名の没個性を押しつけていくことによって、より世界の場で日本人の活躍が妨害されていく。これこそ人種差別というものの温床になる可能性だってある。個性を大事にすると言いながら国際的な日本人の標準値を押しつけられているような気がしません?ウガッた見方してますかね。
国際的なテーマで行くならそれで、現在の日本人の問題点でも出してくれた方がいいような気もします。世界中が諸手を挙げて日本人に良い印象を持っているわけではないし、そんなことは不可能ですし、媚びる必要もない。でも海外から見た日本って自画自賛企画でなければホントに面白いんですよね。未だに日本が日本刀を帯刀してチョンマゲかニンジャと勘違いしている国って沢山あります。もう20年まえですけど、フランスでもドイツでも私が日本人と知ると「ニンジャー!!」と勝手にテンション上がる人って居たものです。ニンジャとカンフーがワンセットになっちゃってる人が大多数です。

日本は清潔でキレイだと言います。
日本じゃ当たり前で、それでいいじゃないですか。

日本人は親切だと言います。
そのままいけばいいじゃないですか。

日本は資源のない国だと言います。
どうやら違うようです。もっと知りたい部分です。

バランス感覚って大事ですがなかなか持てないものです。日本に来たことのない外国人のイメージと、日本語は話せないけど日本に来た事がある程度の外国人の話って素晴らしく面白いんですよ!こういった所から攻める番組・メディアなら見たいですね。
所ジョージさんの番組だったと記憶していますが、日本の番組を逆に世界の人に見て貰おうって企画は面白かったなぁ。もっとやって欲しいなぁと。



にほんブログ村 花ブログへ
クリックをよろしくお願いします。
花束とアレンジメントのギフト フラワーゼーレ
この記事へのコメント
是非コメントを書き込んでください
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

フラワーゼーレの前身となる「高橋生花舗」時代の
店長コラムはこちらをクリックしてください。