2016年03月20日

#0608 お客様のこと

春彼岸でしたね。もう疲労困憊です。お陰様で毎年、売上は成長路線でしてこの成長をどうやって維持しつつより良くしていこうかと悩むのも明日からにしたい店長です、こんにちわ。定時で帰れる幸せ!!

さて、一日にこれほどお客様が来るのも年に3度、春・秋の彼岸と盆だけです。が、この繁忙期になると本当に色々なお客様が来られます。ジックリ話すこともなくお墓花を選んで持ってきたお客様のレジ対応をするだけの一瞬。でも年に3度と会えばほぼ覚えています。そんな中で、どうしても私として悪印象を感じてしまうのが『サングラスでガム噛みつつ好き勝手を言い放っていく中年女性』です。ただ好き勝手を言い放つのはむしろ好物でして、面白可笑しく会話の切り返しを考えられますが、サングラスにガムはいけない。私は子供の頃、サングラスは屋内では外せと教育されました。いつもしているのは不良だと言って良いと。モチロン今ではそんなことはないと思っています。しかし印象的に良くないですよ。ことガムをクチャクチャと口を閉じることもしないままです。これは育ちの悪さを宣伝しているのではないかとさえ思えます。お客様の悪口を書くのもどうかって思いますけど、私個人としてはどうしてもガッカリしてしまう。老若男女を問わず、入店した途端に鼻が曲がるほどの香水をプンプンさせているお客様もダメですね。好印象を持ちようがない。だからといって接客や仕事に差が出ることもないですけどね。サングラスに関しては目の病気などで…という可能性はない人達です。もうサングラスのデザインがね…色もね…。一期一会と思っているのか、客だからという配慮の無さか、まぁ何の影響もない花屋の店主が心を痛めてブログでクダ巻いてますよ!と。
見た目で判断してはイカンと言いつつ、しかしクルマの運転してて帽子を被ったままの女性もイカンですね!特にそんなクルマの後ろを走りたくない。つばの巨大な帽子を優雅に被っているつもりでも軽自動車ですから。しかも遅い!下手!ウインカーも出さずに突然曲がる!もう危険すぎて後ろには付きたくない。屋内で帽子は脱げと教わらなかったのでしょうか?思えば車内で帽子被りっぱなしの人に普通な運転している人って少ない気がするなぁ…。ハンチング帽とかニット帽くらいなら問題ないですが、つば付いたやつですね。
あくまでも個人の感想ですし、私の中での人間観察の基準ですけどね。「どうすればそうなるんだ?」という人って居ますよね。理解を超えたところにいる人達。今週はそんな人達に多く会いましたというお話で。

「どうすればそうなるの?」ってよく聞かれる店長でした。
小市民。



にほんブログ村 花ブログへ
クリックをよろしくお願いします。
花束とアレンジメントのギフト フラワーゼーレ
この記事へのコメント
久しぶりのコメントです。
店長様、今回のブログ内容
kasimaもあるある!と思い最後まで
読ませていただきました。

私が勤めている施設へくるママも帽子をかぶったまま、施設内で過ごすママがいるんです。
土足のままで少しだけ遊んでとかならまだ許せるんですが、私のいる施設は、靴をぬいで過ごすお部屋なんですね。

だから、たいていの方は、コート類の上着をぬいで過ごしています。

それなのにその方は、上着はぬぐのに帽子はかぶったまま・・・

ランチの時間でもぬがないのです。


50代・・・
そんな昭和のおばちゃんが許せない世代なのかと残念に思っていたら、店長さんのコメントで
安心しました。

いつだったか、ネットで調べたことがあって
意見的には半分半分、

おしゃれでかぶっていて、ぬいじゃうと髪がぺちゃんこになるのでかぶったままという意見もありました。

でも、人にあいさつするときはぬぐ。ごはんたべる時はぬぐと教わった自分であります。
一人の人からでもそれヘン?と思われないようなシニアになりたいと思っています。


Posted by kashima at 2016年03月24日 00:25
いつもありがとうございます。
同感していただける方がいてホッとしました!
私だけじゃなかったと思えるだけで心強いですね。
「あー、この人は髪の毛が薄いことを気にしているのだな」って
思うようにしています(笑)
屋内で防止を被り続けている方!少なくとも私は
そう思ってますよ!と。

普段、帽子は市場での仕入れの際、買い受け人として
番号のついた帽子は被りますが、それ以外で積極的に
オシャレとして帽子を被ることはほとんど無いですね。
基本的にカブリモノが似合う店長でした。

お互いに変と思われないようにご自愛しましょう。
私に至ってはすでに遅い気もしますが…
Posted by 店長 at 2016年03月24日 02:02
是非コメントを書き込んでください
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

フラワーゼーレの前身となる「高橋生花舗」時代の
店長コラムはこちらをクリックしてください。