2016年01月04日

#0597 爆買いのこと

新年明けましておめでとうございます。何とかカントカ、新年を迎えることが出来て一安心している店長です、こんにちわ。今年も宜しくお願い致します。

さて、私ももうすぐ42歳です。41回目の正月を経験しまして、毎年次第に年末年始の感覚が無くなってくると申しますか、商売道具たる松竹梅の花材を触れていてもなおピンと来ない正月でした。どうしてかな?と考えてみるに、年始の暖かさと、結局どこもかしこも営業していた事から年末年始の雰囲気が無かったのかなと思っております。もう私の季節感としてはお雑煮が最後の綱といったところでしょうか。舌で感じる季節感で初めて正月といった感じでした。
当店は12月31日から1月3日までを店休日としておりましたが、なんだかんだと当ホームページは通常通りでしたし、お正月は2日からイベントなどを行う施設も多かったため、私は制作、発送、配達してあとは寝正月といった感じで毎年通りでした。今年の目立ったものとしましては、仙台アンパンマンミュージアム様のイベントにて、アンパンマン声優の戸田恵子さんが来られていたので、そのお花の納入でしたね(リンクさせていただきました)プライベートでは、目前にヨドバシカメラ仙台店がある都合、あまり買うモノがあったわけでもないのに初売りの雰囲気を味わおうと冷やかし半分で行ってみたり。仙台の初売りは全国的にも有名なほど大安売りにて独特の文化があり、私が子供の頃は3日か4日からの初売りといえば何か買ってもらえて、お年玉の軍資金も投入しつつの一大イベントでした。仙台である老舗のお店では「三割増し商品券」というものを初売りで販売しておりまして、これが現代の独占禁止法に抵触するとスッタモンダしたのがもう20年以上前でしょうか。しかしこれも江戸時代から続く文化として条件付きにて条例で認められたという経緯一つとっても仙台は独特です。聞くところによるとヨドバシ仙台では他の地域のヨドバシの3ヶ月分をこの初売り数日間で売ると言いますし、その交通渋滞見ては納得の状況です。全国各地のヨドバシ店員が仙台店に集結するのを見ても熾烈な戦いをしているなと。この影響から毎年当店前は渋滞で賑わう。当店も自店のお客様で交通渋滞とかやってみたいナァ…と思う反面、それでは正月休みも無くなるなと思うと「このままでいいや」と思ってしまう軟弱ユルキャラ社長でおります。
さて、このヨドバシカメラの賑やかさを経験しに行って、初めてこの目で「中国人の爆買い」というものを目撃しました。洗濯機売り場の前でスタッフがタブレットを片手に筆談のような事をしている。日本語で入力して中国語に変換してのやりとりですね。バインダーにはお買い上げされた商品の名前と品番をメモ書きされていたのですが、液晶テレビが大小様々で6台、電子レンジが10台、炊飯器15台、そして今まさに洗濯機を5台買おうとしている…。スゴイですね。私がヨドバシの販売員なら笑いが止まらない。どうやって本国に運ぶのか不思議ですが、文字通りの爆買いでした。こんな買い方をする人たちが東京にはワンサカいると思うと、ヨドバシさんは成田空港店を造るべきなんじゃないか?と。当店も中国語対応にしたら…来ませんよね…ええ。チョット乗ってみようかなって思っただけですよ。ここが中国人だなぁと思うのですが、日本製の家電をそのまま中国で売っても中国人は「コピーだろう」と信用してくれないのだそうです(笑)。わざわざ日本に来て大量に買い漁らないと安心できないのだそうで。新年早々から随分景気の良いお客様を見たなぁと感心してため息ついて帰ってきたのですが。
今年も、当店はご注文主様、贈られる先様、双方へ視覚的な幸せをお贈りし、双方からのご満足をいただきながらより一層の営業をして参る所存でございます。目から感覚から香りから感じる季節感、後には残らずとも生涯忘れることがない特別なギフト、それがフラワーギフトです。お花を贈った経験が無いかた、是非当店にお電話下さい、メールでも掲示板でも結構です。一度贈ればよーく分かります!真摯にお気持ちを形にして送るギフトとして、仙台最古の生花店として頑張ります!今年も当店を宜しくお願い致します。



にほんブログ村 花ブログへ
クリックをよろしくお願いします。
花束とアレンジメントのギフト フラワーゼーレ
この記事へのコメント
是非コメントを書き込んでください
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

フラワーゼーレの前身となる「高橋生花舗」時代の
店長コラムはこちらをクリックしてください。