2015年06月14日

#0568 花の宅配のこと

過去幾度となく花屋さん側の意見としてですがジレンマをお伝えし、しかしそれは取り越し苦労に近い状況だったと記事にした事があります。店長です、こんにちわ。一応繊細という事になっている男。

さて、過去の取り越し苦労とは、「そもそも生花を宅配で配送していいの?」でした。鮮度上に問題がなくても宅配で生花が配達されるという事自体に対して一般の抵抗はないのか?といった配送先様の意識の問題でもありました。結果、大多数のお客様は宅配で生花が来ようが、花屋が配達しようがどちらでも良いという結果でした。あとは提供側のこちらがキチンとした鮮度でお届けできるよう努力すれば良かったのです。が…
最近ではどう考えても宅配でお届けすること自体が間違っていると思わざるを得ないお花まで宅配で送る花屋が出てきていて、これが業界内では結構な問題になっています。生花スタンドです。開店などのお祝いで並んでいるあの大型の生花スタンド花ですが、これをお花が入った器と、それを乗せる脚を分離して箱詰めして送る。贈られた側が開封後に組み立てるのです。工程としてはそう難しいことはないのですが、生花スタンドは通常花屋が持ってくる以外に納品がないスタイルだったはずだけに、お花が終わった後、器の撤去という部分で贈り先様にご迷惑を掛けることになります。宅配で届いたものですから器の撤去はない。贈られた方がまた宅配便に梱包して花屋に返すなどするはずもなく、また制作した花屋としても器を回収することを見込んでいないので消耗品扱いです。買えば結構な金額の器です。これを一度きりの販売で送りつけるとなれば、当然、お花代のほうまで食い込んでくる。宅配便としても箱の最大サイズが決まっているので生花スタンドがズラリと並べばとにかく一つだけ貧相な生花スタンドとして逆に目立つわけです。ご注文主様も怒らないのでしょうか?と勝手ながら心配になる。恐らくですが、この生花スタンドの宅配はホームページ上からのご注文のみで受け付けている業者がいる。お客様の顔も見えないし、納品も宅配便ですから自分で自分の商品がどうなのか比較もしない。当然、回収にも行かない。個人的に贈る花束やアレンジメント、鉢に入ったものなどは回収もないですからいいとしても、生花スタンドの器は処分に困るだけです。実際に全く関係ないお花屋さんが自社で納品した生花スタンドの器を回収すると相談されるのです「この器も回収してくれませんか?宅配で来たものですから回収してくれない」と。これで業界内での問題になる。「回収もできない大型の生花スタンドを宅配で送る業者がいる、しかも全国的に」
我々業界として、これを防ぐ事はできません。問題と思っているのは業界内の一部だけで、肝心のお客様が迷惑を感じていなければ問題たり得ないし、生花スタンドを宅配で納品して何がいけないのか?と問われれば、あくまでもお客様の受け取り方次第になってしまうからです。何よりこれをしている業者が、皆さんが想像するような店舗を持ったれっきとした花屋であるかどうかすら分かりません。少なくとも全国にいる私の仲間ともいえる同業者にこんな提供をしている生花店はいないのです。
お花というものはじつに難しい商品です。購入者にも、場合によっては贈られる側にも知識が必要になる。ケースバイケースで内容も変わります。しかしその知識の橋渡しとしてプロの生花店がいて、その知識をいかに分かりやすく伝えようかと日々考えている。私もこうしてホームページでお花を扱っていますが、なるべく細かな状況を知りたいと思い、ショッピングカート内の最終設問では自由に書き込める欄を付けております。状況が理解できない場合はお電話やメールで確認する事も多々あります。商品の解説にも可愛らしさや夢のある言葉ばかりではなく機能面や注意点を列挙しております。ホームページ上ですらこれだけやってフォローできるものですから、自販機かカタログギフトの感覚でお花を提供し、実際にはどんな状況で送られているのか、どんな想いで制作しているかが知れないホームページには疑問しか感じないのですが…。あまり他店の攻撃にとられかねない記事ですみません。安くない金額のお買い物です、是非ホームページでのお買い上げであったとしても販売元とのコミュニケーションをしてみてはいかがでしょうか?大事な方へのフラワーギフトですから、迷惑と考えずご連絡・ご相談をしてみて下さい。



にほんブログ村 花ブログへ
クリックをよろしくお願いします。
花束とアレンジメントのギフト フラワーゼーレ
この記事へのコメント
是非コメントを書き込んでください
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

フラワーゼーレの前身となる「高橋生花舗」時代の
店長コラムはこちらをクリックしてください。