2015年05月04日

#0562 運転のこと

ゴールデンウイークとなりまして、皆様レジャーという名の渋滞を楽しんでおられる事と思います。店長です、こんにちわ。「昔は〜」「前までは〜」と昔を比較し始めオヤジ全開状態。

さて、昨日の日曜日に家族サービスなるものを実施しました。母の日という繁忙期を前にしてそれどころではないのではございましょうけれど、わんぱく盛り三児の父としましては世間のゴールデンウイークと似通った事もしておかないと…というところで日帰りではございますが子供達の思い出作りでした。しかしまぁ過去何度も申しております通り、私は渋滞が大嫌いです。憎むべき存在であり絶対に避けて通りたい。ゴールデンウイークなどはまさに渋滞にハマる為にあるような期間でして、しかしてその大部分の原因は日々運転慣れしていない方々がサンデードライバーよろしく大量に出てくることが最大原因ではないかと考えておりました。しかしここ10年程度、本当にドライバーの質は下がる一方だと思って止みません。曲がる直前、ないし曲がりながらのウインカーなど日常茶飯事です。危険極まりない。このところ一番目立つのが「ハイパー車間距離」と称しておりますが、クルマ一台分以上も車間距離をおいて信号待ちするクルマ。後ろがどれだけ詰まっていてもお構いなく長大な車間距離を保ち、走行中ならいざ知らず信号待ちですら驚愕するほどの車間を取るのです。しかも信号が変わってからすぐに発車せず、前車の走行を見送ってから5秒も10秒も停まり続ける。ストレス大爆発の瞬間ですね。理解に苦しむのですが、この運転に共通しているのが高齢者ドライバーです。急ぐ必要のない。なんなら気だるい雰囲気を全身に帯びているような方々。お年寄りばかりではございませんが、どうしてもそうなるのか…と諦めかけていたところ、意外な真実が!
昨年末ですが、妻のクルマをじつに8年ぶりに買い替えており、8年分のテクノロジー進化に驚かされてばかりでした。現在のクルマは運転者の運転方法にまで注文を付けてくるんですね。そんな機能が付いていたんですよ。アクセルの踏み方ひとつにも小さなランプがグリーンから青を経て赤へなど、エコ運転の度合いを光で知らせ、ブレーキに関しても急過ぎるとか自動アシストが作動したぞと警告ランプを光らせ、終いにはエンジンを切った時、一日の運転を評価・採点されてナビに出てきたりする。高得点だからといって何かをもらえるとか、車検代がお安くなるなんて事はないでしょうが。信号で止まっていると自動でエンジンをストップするため、次に走り出す時はエンジン始動作業(クルマ側で勝手にする)から始まる都合からスムーズな発車ができないのではないか。これはモラルの問題とも言えるのですが、現在のドライバーの多くは任意保険に加入していないという事態もあるのです。保険にまで支払う経済的余裕がないのです。そういったケースに限って加害者側になり、こちらが貰い事故に遭うというケースも。当店も配達にクルマを複数持っていますから、軽度とはいえ事故のケースはあります。修理代を支払えず、何年もかけて分割払いされるなんてケースも幾度となくありました。そういった事もあって思い切った運転(?そこまで要求していないですが)ができず、妙でスローな運転をしてしまうのではなかろうかと。
もうドライブが趣味ですっていう人は減っていくのかもしれません。自分が気に合った愛車を持っても、周囲の運転でストレス溜めるわけですからね。
ゴールデンウイークもあと少しですが、どうか安全運転と常識を逸脱しない程度のルールで運転しましょう!切に願う店長でした。



にほんブログ村 花ブログへ
クリックをよろしくお願いします。
花束とアレンジメントのギフト フラワーゼーレ
この記事へのコメント
是非コメントを書き込んでください
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

フラワーゼーレの前身となる「高橋生花舗」時代の
店長コラムはこちらをクリックしてください。