2015年03月22日

#0556 洋風のこと

3月メインイベントの一つ、春彼岸が一段落しました。毎年平日が絡んだり天候に左右されたりと目論見が難しいなか、今年もなんとか乗り切ることができました。店長です、こんにちわ。しかしすぐに異動退職の花束需要が始まる。

さて、仙台駅東側に広大に広がる寺社仏閣ゾーンに位置する当店として、お墓参りの需要に応えずして何とするかというものでありますが、今年は少し思い切ってキクの入っていない洋風な束花を多めに準備してみました。これがなかなか好評でした。墓石自体も昔ながらのものから洋風なデザインのものに変わりつつある現在ですから、お供えする花もまた意識したものにしなければなりません。…というのもあるのですが、じつは郊外型大店舗や全国チェーン店スーパーなどで大量に安売りされているお供え花に対抗する手段として、より専門店らしい提案をした結果でもあります。大規模店舗はボリュームディスカウント、つまり大量消費による安さですから、当然ながら小回りの効くような商品を置けない。特にナマモノの生花で期間商材となれば選ぶ余裕なんてない。そことの明確な差を付けるためにも量販店と同じものを扱っていたのでは、特に価格競争に巻き込まれるようでは専門店として致命的です。当然、量販店で扱う花とは産地も等級も持ちも違うのですが、陳列段階でそれを判断材料にされる方は少ない。見た目で違うものを意識したわけです。思えばお花は見た目の商売ですからね。今回ほどお客様から聞かれた事はなかったですね「これ、お墓にいいんですか?」と。お供えの概念を覆すのも楽しんでやってました。次回はたとえば「白カラーだけ」とか奇抜なのもいいかなと。
明日からは花束需要が一気に高まります。おそらくですが、お花の相場も全国的に高まる事でしょう。景気回復の実感といえば、じつはこの法人需要の花束が顕著です。単価が変わりましたね。少し豪華にしようかな…といった機運が感じられます。ここでキチンとした豪華を見せてあげられるかどうかが今後につながるものと考え、来週から月末、さらに4月の入社・入学式まで気はまだまだ抜けない!体感ですが、今年は異動・退職が多い気がします。今月頭から送別会が多かったですからね。今年はけっこう多いのですが、今まで指定なく花束のご注文を受けていた時には男性なら黄色・オレンジ色系で仕上げ、女性なら赤・ピンク系で作っておりましたが、今年は指定される場合が増えています。男性なら紫系、女性で黄色・オレンジ系が多い傾向です。紫系は特に難しいため、お早めのご予約をお願い致します。
ちなみに記事番号556からの連想ネタですが「クレ5-56」という潤滑スプレーを思い出して少し調べました。改めて今更なんですけど、クレ5-56って潤滑剤とはいえ長く潤滑を維持する目的で使用してはいけないんですね!揮発性なのですぐ潤滑成分が無くなってしまうのです。知らなかった。グリースなどと同じ使い方をしてはいけませんよ。…って男性しか興味ないだろうと思って最後としました。

今年はまだ風邪を引くこともなく健康に過ごしてます。気を緩めず頑張ります!



にほんブログ村 花ブログへ
クリックをよろしくお願いします。
花束とアレンジメントのギフト フラワーゼーレ
この記事へのコメント
是非コメントを書き込んでください
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

フラワーゼーレの前身となる「高橋生花舗」時代の
店長コラムはこちらをクリックしてください。