2015年03月15日

#0555 防災のこと

先日から仙台を中心に「第三回世界防災会議」があり、世界各国から首相・大臣クラスや学者などが大勢来ております。市内ではいつも以上に外国人の姿が多いです。店長です、こんにちわ。よりによって忙しい3月に…。

さて、一年で最も忙しい3月の花屋ですが、当然配達も目が回る勢いでして、ここにきて世界防災会議のVIPの方々の為に行われる交通封鎖には辟易させられております。封鎖道路を迂回するという事は、迂回路がいつも以上の渋滞を招くことでもあります。ことかき入れ時の当店としては死活問題なわけです。しかし世界の防災のためです!協力は惜しまないつもりでおりますが。
「そもそも防災会議って何なの?」というところから色々な方々に疑問をぶつけてみたのですが、皆一様に「なんだろね?」とか(笑)。京都議定書のような環境に対する拘束力をもった条約を締結するという趣旨でも特色でもなく、防災意識を高めようという観点で国際会議もスゴイと思うのですが、そこに出席される方々もまたすごくて、特に日本のように地震が起きないとされている国の参加もあるようです。逆か。地震がないとアグラをかかずに…ですかね。昔から言いますでしょ?「天災は忘れた頃にやってくる」。忘れなければやって来ない!そういうことです!あるクレジットカードのCMで「出かける時は忘れずに」といいましたが、「忘れる時は出かけずに」ってことです!……ん?
この防災会議は私の視点からすると防テロ会議じゃないかというフシも感じました。私は生まれて全身ボディチェックをさせられたんですよ!注文されて花束の配達に行った先のホテルで。耳にインカムつけた屈強なガイジンさんたちに囲まれて、股ぐらまで触られましたよ。痴漢で訴えてもいいんじゃないですかって勢いで。最近韓国であった米大使襲撃もあってか、ピリピリした空気がホテルのエントランス全体から感じました。これは聞いた話ですけど、仙台空港周辺の駐車場では、『クルマの後部を空港方面に向けて駐車しないように』という指示があったといいます。クルマの後部からライフルによる狙撃やロケットランチャーの発射などを防げるのだとか…。平和ボケと笑われるかも知れませんが、そんな映画みたいなことが起こるんですかね。夜中に市内主要道路のマンホールをロックしている現場を目撃したと友人が申しておりましたし、防災会議の内容よりもむしろテロ対策の準備に何をどこまでやったのか?に興味がありますね。終わったら各方面に聞いてみよ−。
来週は怒濤の春彼岸、小学校・幼稚園等卒業式、人事異動・退職祝い、開店祝いと続きます。店内に花が入りきらないほどの在庫を抱えても2日で無くなる勢いです。ここを乗り切れば…!正念場です!

記事番号が555だったんですね…。これしか思い付かない

車体の555はスポンサーで、イギリスのタバコのブランドです。


にほんブログ村 花ブログへ
クリックをよろしくお願いします。
花束とアレンジメントのギフト フラワーゼーレ
この記事へのコメント
是非コメントを書き込んでください
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

フラワーゼーレの前身となる「高橋生花舗」時代の
店長コラムはこちらをクリックしてください。