2015年03月09日

#0554 舌が肥えのこと

昨日の晩ですが、珍しく妻とホテルで豪華なディナーを頂いて参りました。子供も預けての食事です。水入らず…とは行きませんでしたが、楽しいディナーでした。店長です、こんにちわ。美味しいものは幸せ。

さて、宣伝になってしまいますが、当店近所にございます「ANAホリデイ・イン仙台」のレストランメニューに歴史姉妹都市提携40周年記念「宇和島フェア」という企画が上がりまして、その宇和島産の食材を中心としたウマイモノを頂いてきたという事でございます。どんな料理でどんなモノだったかという事は是非に実際食して頂くしかないのでありますが、東北にいるとなかなか聞き慣れない「宇和島ってどこ?」の部分からネタを拾おうかといった趣向。
宇和島は四国、愛媛県にあります。四国上陸すら果たした事がない私としては情報でしか知らないにも関わらず今回は舌鼓だけしてきたといった格好で。じつはこの宇和島市は仙台藩主、伊達政宗の長男が宇和島藩主になったという事から現在でも姉妹都市提携をしているんです。恥ずかしながらコレ、私も知りませんでした。おそらくですが仙台市民の何パーセントが知っている情報なのでしょうか。闘牛と海産物が豊富で海と山の幸の両方を楽しめる地域です。昔から、新鮮なものを新鮮なまま食べられた地域というものは食品の加工自体をする必要がない為に加工食品や加工技術が発展せず、そのまま頂く食材としての文化があります。仙台もその部類でしたが、宇和島もまたそのような文化ではなかろうか…と行ったこともないのに、美味しい宇和島産「伊予牛」を頂いて参りました。ホテルのオーナー様ご夫婦からのご招待というVIP待遇でして、料理の美味しさと緊張の織りなす空気感は絶妙でした。お料理は是が非でも行って食べるべきです!
と、食通でもない私のゴリ推しでは説得力がないかも知れません。しかし近年の私はチガウのです!ホンモノを知る男になりつつあるのです。お陰様でメタボ気味だと妻から厳しい視線も受けております。私も気づけば41歳。一日にマトモな食事を2回していたと仮定して、自分の歯と意志で食べられる年齢を70歳程度と仮定すると、もう残り何食食べられるのかを計算できてしまう。もうそろそろ贅沢を知ってもバチは当たらない歳でしょうと自分を納得させたのです。30代の若い頃も緊張するような席でのお食事は多々ありました。しかし「これがホンモノなのかぁ」と勉強させられて帰ってくるだけの歳、つまりお子様?だったわけです。しかし一食5000円を超えてくるような料理を定期的に頂くようになると舌も肥えてくるんですかね、価値が分かるようになってくるんですね。しかしこれも日々の鍛錬と同じなんです。常日頃から接しているから違いが分かる。よくテレビで芸能人に高い・安いの両極端での食事やセンスを比較させ、ハズレれば笑いのめすという番組がありましたが、実際パッと当てるのは難しいでしょうし、常日頃の訓練も必要なんでしょうと。
ブッチャケて料理が違いますが「うな重」、あれはタレの旨みであって、ウナギ自体には差はないものと思っていたのです。強いて言えば白米にこだわったりしている程度かなと。しかし仙台でも老舗かつ名店でのうな重を定期的に頂ける状況にあり、それを頂いているうちに実感はなくとも、何らかの機会でまったく別のうな重を頂いたときにハタと気づくんです。「これは違う」と。だからといって高いものばかり食べていたいと思うわけでもなく、家ではより質素なものを食べたいと思い始めるんですね。


違いの分かるオトコを目指す店長でした。



にほんブログ村 花ブログへ
クリックをよろしくお願いします。
花束とアレンジメントのギフト フラワーゼーレ
この記事へのコメント
おはようございます。
いいですね、豪華なお食事をご夫婦で・・・

我が家は、こどもが二人とも社会人になってくれたので、食事は夫婦で食すことが多くなりました。長男は自宅にいますので、時に一緒に食べる日がありますが、長女は一人暮らしをしているので、時に帰宅するときは、好きなものを
メニューで作ったりします。

少し前までは、食べ放題で美味しいものでしたが、最近は、いろんなものを少しずつ食べたいかなと思うようになりました。あと、カフェに行ったり、ぐぁんこさんのtama cafeにも行ったり・・・

ぜひ、今年は、上京していただき、tama cafe
行きましょうね。
Posted by kashima at 2015年03月11日 10:25
いつ当店をご利用、ご感想を賜りまして誠にありがとうございます。
子供の手が離れるっていいですねぇ。夫婦でのお出かけが増えるという楽しみもあるのですね。当家ではまだまだ先の事ですが、楽しみにしていたいと思います。
tama cafe!行こう行こうと思いつつ全然時間が出来ませんね。何としても行きたいと思っているのですが、仕事か子供かで大体まとまった時間ができないでいます。何とかしたいものです。
目下3月の激務ですが、健康でがんばっております。kashima様におかれましてもお身体ご自愛下さいね。
ありがとうございます。
Posted by 店長 at 2015年03月11日 12:07
是非コメントを書き込んでください
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

フラワーゼーレの前身となる「高橋生花舗」時代の
店長コラムはこちらをクリックしてください。