2014年11月03日

#0536 叙勲褒賞のこと

本日は文化の日ということで全国の叙勲褒賞受賞者が発表されましたね。個人的に驚いたのはサザンオールスターズ桑田佳祐さんの紫綬褒章ですね。下ネタ好きなオヤジじゃないですか!店長です、こんにちわ。下ネタ大好き男。

さて、褒賞に限れば色でジャンル分けされているようですが、その発表が祝日、文化の日ということもあって、明日の連休明けになると御祝いの注文が殺到という有り難迷惑な状況になります。こればかりは事前にしらない場合は仕方ないと思うのですが、「今日!すぐ!」と言われましてもね、皆様そう仰るわけですからなお対応が難しいのもご理解頂きたいのです。特にコチョウランの引き合いが強く全国的ですから入荷量も激減。ご予約の対応だけで精一杯でございます。可能でしたら、お分かりの範囲で結構ですから連休前には欲しいところです。とはいえ仕方ないですよね。自分で「俺、今度褒賞貰うんだ」と言い放つ人も少ないでしょうから。判明するのが今日っていうほうが多いのも分かります。
実は、以前にも触れましたが私の祖父も黄綬褒章の受章者でした。昭和61年の事で、今でも当家の仏壇脇には褒賞の額に賞状が飾られています。当時の総理大臣、中曽根康弘の名前です。今見てもとても重みのある凄いものなんだと思いますね。個人的見解ですが、やはり同じ総理大臣でも任期の長い、又は歴史的政治を行った内閣総理大臣の名前が載っているとスゴイなぁと。自民党でも一年持たずに辞任するような総理では…ねぇ…。今回の受賞者は「内閣総理大臣 安倍晋三」となる。いいなぁ!先祖の七光りで申し訳ないのですが祖父が受賞した当時、受賞決定してからの営業とダイレクトメール、訪問販売の凄まじさは凄かった。個人情報保護もヘッタクレもないですが、どこから聞きつけて来たのか、額縁、御祝いのお返しギフト、受賞式典へのモーニング、記念写真、何故か実印の新調に至るまでありとあらゆる営業攻勢でした。何故か宗教の勧誘や聖十字の募金まで。大体、業界団体の推薦などが通っての受賞ですから、この後には受賞祝いパーティがある。当時祖父はこれら受賞に関わる出費で大変だったとその後にボヤいております。しかし祖父は肝心の皇居での授賞式に出席できませんでした。心臓病を患って入院していた為で、この後には元気に退院することになるのですが、授賞式でひと目天皇陛下とお会いしたかったと後悔を漏らしておりました。
ここでやはりアレですよ!ここは私がもう一度褒賞受賞して、天皇陛下に謁見し「祖父の後悔をやっと晴らしました」となれば美談間違いなし!でも私の褒賞受賞なんて無理!

黄綬褒章の条件「業務ニ精励シ衆民ノ模範タルベキ者」

民衆の模範………


店長でした、エヘッ☆



にほんブログ村 花ブログへ
クリックをよろしくお願いします。
花束とアレンジメントのギフト フラワーゼーレ
この記事へのコメント
是非コメントを書き込んでください
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

フラワーゼーレの前身となる「高橋生花舗」時代の
店長コラムはこちらをクリックしてください。