2014年10月06日

#0532 キーワードのこと

台風一過、皆さまいかがお過ごしでしょうか?台風迫り来るスレスレの昨日、息子の運動会に出たらあまりの寒さから見事に風邪ひいて寝込んでいた店長です、こんにちわ。マンガみたいな男。

さて、この充電にて明日からは全開始動できる模様ですが、忘れてはいけないコラムの更新が本日でして、飛び起きてパソコンに向かっているわけです。一週間ぶんの当店ホームページアクセス解析を見るのもコラム更新時と決めているのですが、この頃のキーワードが不穏です。一応ご説明申し上げますと、「アクセス解析」とは当店ホームページをどこから来たのか、検索されて来た場合はどんなキーワードで検索してきたか、来てくれた全体のうちどれくらいがお買い上げ頂き、どれくらいの方々が直帰(他のページも見ずに帰る)したか、等々が分かるのです。個人情報まではいかない範囲での統計的なものです。通常、ホームページを運営していると、当店の場合はお花に関わるキーワードで検索されて来るのが一般的ですが、そこに運営している私でさえも分からなかったようなキーワードで当店ホームページに訪れてくれるチャンスを増やすため、このブログは機能しているのです。本文内容から私が思いもしなかったキーワードでやって来て、ブログを読み、商品ページなどを見て、買うつもりがなくてもブックマークしてくれて帰る方々。お客様予備軍と申しましょうか。この予備軍たる方々のキーワードが大変面白い。
胡蝶蘭 回収 花屋
じつに多くなりました。皆さん処分に困っているのです。お近くのお花屋さん、無償で引き取るといった営業努力をしてみて下さい。かなりの営業効果があるはずです。このキーワードの記事を過去に書いたことがあり、記事内では『当店から近い場所に限り』と書いているにも関わらず全国的にお電話のご相談が来るようになりました。
花屋 営業
これは花屋側の検索でしょうか?花屋さんからの営業がイヤで検索する方々でしょうか…?花屋さんの営業にしつこいモノなんてなさそうなので、どう営業したらいいか悩むお花屋さんが多いという事でしょうかね。私も悩んでますよと。解決策があるならお教え頂きたいくらいですよと。
花屋 クレーム
コレ、最近多いんです。ウチじゃないですよ。検索してくるのが一般消費者なのか花屋側なのか判りませんが、クレームとかクレーマーなどで検索してくる。これはプロ側からの視点でしかないのですが、どんなお店でも一度は受けるクレームとして「ボリュームが」というものがありますね。予算に見合っていないというものですが、最近ある新規の定期契約で「サンプルが欲しい」と言われ困った経験がありました。冷静に考えますとお花は季節物ですし一本一本の大きさもボリュームも違うわけです。これを年間通して同じボリュームで再現し、毎度季節感を出してとなるとサンプルとして現物を出しても参考程度にしかならない。工業製品ではないので…ととしてモヤモヤッとした説明しかできないんですね。パンフレットでいくら長さや大きさを提示しても、見た目の大きさや感覚としての大きさはまるで別です。当店に来たクレームを調べようとしての検索かもしれませんが(^_^;)
花 放射線量
これも安定して検索されるものですね。昨年まではちゃんと線量計で抜き打ち検査してました。しかし全く数値が出ないので今年3月でやめました。お花は安全ですよ。口に入るものではないのですが、農産物という括りで食品同等の線量を目安として調べてましたが、どこの産地であれ出ていません。ご安心下さい。

では逆に気になる検索全体から1%未満の希少キーワード
「名札のみ販売」…欲しいならご相談下さい。
「セクシーランジェリー バラ」…何故当店???
「(株)株式会社 失礼」…(株)と略すことに抵抗があるのでしょうか?
「大麻 自家栽培」…よしてくださいよ。そんな記事ないですから。
「原種 亜種 希少種」…モンハンじゃないですか?
「グリーンカーテン 冬」…年中茂らせるつもりですか?
「宿題代行」…やってませんよ?

花屋のブログなのにじつにバラエティあるキーワードで当店を見つけてくれるって素晴らしいと思うのです。有り難いものです。



にほんブログ村 花ブログへ
クリックをよろしくお願いします。
花束とアレンジメントのギフト フラワーゼーレ
この記事へのコメント
是非コメントを書き込んでください
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

フラワーゼーレの前身となる「高橋生花舗」時代の
店長コラムはこちらをクリックしてください。