2014年08月17日

#0525 家族サービスのこと

お盆が終わりました。皆様休みといいつつお疲れ様でございます。お盆にはフル回転にて仕事をし、見事、過去最高売り上げを樹立することができました。店長です、こんにちわ。家族サービスは後回し。

さて、販売業でありながら口八丁手八丁にてサービス業のような事をし、暇を見ては「アブラ売り」ばかりしているのがもっぱらの私ですが、今回ばかりは花売りしましたよ。今回の売り上げが伸びた要因ですがすでに判っておりました。当店周囲は寺院・仏閣の多さ、住所の独特さでも有名です。「新寺小路(しんてら)」「元寺小路(もとでら)」「連坊小路(れんぼう)」など、お寺に関する地名が昔からあり、まさにお寺の町です。ここには不思議と花屋として定着しているのは当店くらいしかなく、近所に花屋は他にありません。しかし霊園という地域でもないので、これ以上墓や檀家が増えるということもない、パイが決まっている地域です。当店独壇場と言いたいところでしたが、お盆・お彼岸になるとお寺の敷地内や道路脇で花を売る人がいますね。実際の花屋さんが出張ケータリングしているケースは少なく、じつはテキ屋のような『にわか花屋』が盆・彼岸になると寺門前で売り出すというのも恒例でした。この『にわか花屋』が震災後に消えつつあります。原因は色々で、墓花だけを盆・彼岸に売るには花の原価が高騰しすぎて仕入れられない、伴って利幅が薄くなるので寺前で売る利点がなくなる、売っている人たちが高齢化し一日中炎天下の下で花を売れなくなった、後継者などいない…等々です。お寺側としてもお墓参りする檀家の高齢化により駐車場の確保と道路での交通整理員が必要となり、駐車場近辺は少しでも空けておきたいという思惑もあって、寺前での販売をやめていく傾向があります。これは当店にとっては千載一遇のチャンスでして、寺前に出店しない当店では今まで来なかったお客様まで来るようになるのです。これがスゴイ数でした。今まで逃していたのが惜しくなるという以前に、当店の在庫が無くなってしまい、一日に何回転するの?という嵐の様相でした。それでも曜日周りや状況に助けられ、残業が深夜に及んだりすることもなく、お客様をお断りする事もギリギリ無くお盆を過ごして見れば過去最高です。直前に壊れて手痛い出費を余儀なくされた冷房機の支払いが出来た!良かった〜。
お話がクルリンパッと変わりまして、お盆の忙しさで忘れていた子供達への家族サービスとして、「ガンダムワールド2014」という展示会へ行きました。今日までの催事でしたが近年希に見る充実した催事だったと思いました。子供のみならず私も大満足。男っていつまでもこーいうのが好きですね。過去「トミカ博」「レゴ博」「恐竜展」など色々行きましたが、近年はビックリするような展覧会が少なくなった気がしています。私が小学生だった頃、「NASA宇宙展」とか「ピラミッド展」とかはド肝を抜かれたものでしたが。あれだけの規模って今は無くなって特売コーナーなどの充実ばかりが目立っている気がしてなりません。出口に設置してある特売コーナーの罠にマンマと負けていつも色々買うんですが。

ホンモノなはずないのですが、月面の砂だかを来場者プレゼントで貰ったままどこかに保管しているハズの店長でした。



にほんブログ村 花ブログへ
クリックをよろしくお願いします。
花束とアレンジメントのギフト フラワーゼーレ
この記事へのコメント
是非コメントを書き込んでください
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

フラワーゼーレの前身となる「高橋生花舗」時代の
店長コラムはこちらをクリックしてください。