2014年08月03日

#0523 宿題のこと

夏真っ盛りです!暑いです!死にそうです!夏キライ!もう心が折れてます!夏祭りとかもっと涼しい時期に変更してはどうか?店長です、こんにちわ。冬眠ならぬ夏眠したい男。

さて、私事で恐縮ですが子供達は夏休みです。毎日毎日プールへ行ったり、祭りで出店を引きずり回して親をヘトヘトにしたり、まさに夏を楽しんでます。この夏休みと言えばやはり「宿題」がトラウマでして、あまり出来のいい子供ではなかった私も幾度となく夏休みの宿題を断念せざるを得ない思い出がありました。しかしですよ、今の子供を見ていると宿題のボリュームが多い。全体的にやらされる内容も多い気がします。健康管理や生活まで及びます。宿題帳とラジオ体操カードと自由研究程度だった私の頃とは比べものにならない。なんだかなぁ〜と阿藤快さんになるのですが、そんな中、衝撃的サービスが!結構話題になってるようですが、『夏休みの宿題代行サービス』です。こんなサービス、文科省が黙ってないのではないか?とか、子供のためにならない事をわざわざ利用する親がいるのか?と思っていたら、むしろその逆でした。夏の間に特別夏季講座などで勉強漬けとなり、夏を征してお受験を征する将来有望なお子様達にとって学校の宿題は時間の無駄でしかない!そんなレベルの宿題でお受験戦争には勝てない!といった一部の方々には大変有益なサービスなんだそうです。でもって、これを友人知人に話したところ、更に衝撃的な事実が…!まぁ確かによくよく考えてみればなんですが、夏休みの宿題っていうものは成績表や内申書に響かない。教科や学校、担当する先生によっても違いがあるかも知れませんが、文科省の学習指導要領の中に「夏休みの宿題」「宿題の完遂度」などは一切ございません。やらないならドカンと叱られて終わりってことですか?だったらしなくてもいいんじゃね?って思うのが不良中年たる私の思考ですわね。子供には秘密にしておこう…。夏休み最終日に泣きながら出口の見えない宿題をするというトラウマが成長の過程で大事なんだ、もっともらしい理由をつけておこう。でもうちの子ども達は毎日ちゃーんと宿題やってます。妻のお陰でしょう。

今日は近所での「仙台すずめ踊り」のお祭りです。お手伝いせねばならないのですが、仕事とカブってしまい両方を行き来しているうちに軽い熱中症になりまして…。暑さは本当にダメですね。あの炎天下で一日中お祭りしていられるってスゴイなぁ。自分で自分の身体をご自愛いたします…。


歌の世界ならこんなにいいのに…

21年も前の曲なのか…


にほんブログ村 花ブログへ
クリックをよろしくお願いします。
花束とアレンジメントのギフト フラワーゼーレ
この記事へのコメント
残暑お見舞い申し上げます。
こどもの夏休みの課題や行動、遊び、スポーツ少年団の活動、子供会の活動と
夏休みならではの事が1ヶ月に集中する・・・いやーよくやったなーとコラムを読んで思い返しています。
1学期終業式から帰ってきた子どもに、カレンダーに夏休みの大まかなスケジュール的なものを書いて、計画的にすごすんだからね!!と言い聞かせ、宿題忘れがないように、旅行前に難しい課題を制覇するとかがんばったでしょうか。
今は、児童対象の宿題応援講座的なものが、公民館やカルチャーであったりしますので、それにのっかるのも楽しく宿題をクリアーする手段だったりします。

高橋パパさん、楽しい夏の思い出を作ってくださいね。

学歴ばかりがその子にとっていいものと思わないですが、何かチャレンジしたいときに学歴があるないでは違ってくると思うので、一概には中学受験はしないでもとはいえないですよね。

我が家のこどもたちには、人生心身ともに豊かであってほしいと願っています。
Posted by kashima at 2014年08月11日 01:22
残暑お見舞い申し上げます。
ご丁寧にご感想賜りまして誠にありがとうございます。
夏は商売柄ですが子供の頃からあまり夏に遠出したりといった経験が乏しいんですよ。これもお盆という一大商戦が控えていたせいでして、これが終わると先祖代々、現在は私も妻も抜け殻のようにボーっとしてしまうんですね(笑)
子供には楽しい思い出の一つも…と思いますが、夏のイベントはほぼ全てお盆対策とその後の疲労になってしまうのは花屋なら続いていくのでしょうか。
学歴に関しては親ほど悩むのでしょうか。特に継ぐ稼業がないほど大事と思われるのは仕方ない部分もあろうかと思います。逆に当家では
『商売人はお客様より学歴があってはならぬ』
なんて事もあったりして、悩みのタネが増えているという。
まぁあまり頭のデキがいい血筋でないのは確かですが。(^_^;)

ご感想ありがとうございます!
Posted by 店長 at 2014年08月12日 19:05
是非コメントを書き込んでください
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

フラワーゼーレの前身となる「高橋生花舗」時代の
店長コラムはこちらをクリックしてください。