2014年06月23日

#0517 セクハラのこと

東京都議会での「早く結婚しろ」発言ですね、本日になって色々と騒がれてまして、たまには時事ネタ。かなりセクハラ発言しそうな店長です、こんにちわ。ここも活字ですから気を付けないと。

さて、セクハラというある意味で便利に使えてしまう単語が出来てから、特に男心にしてみれば「なんで?」と思うほど微妙な発言もまたセクハラになってしまったり、また「※ただしイケメンなら免除」みたいな風潮もあってですね、定義を決めかねたまま社会的に進んでいる感が否めないわけです。本件に関しましては「早く結婚しろ」の発言の意図や解釈の方向性を巡って二転三転してみたかと思えば、声紋照合してでも突き止める等、都議会議員ってヒマなんですか?と思っちゃうような対処をチラつかせてみたりですね。かと思えば問題の野次を言われた女性議員も少子化対策の議案を出しつつ自分は独身とはどうなのか?、またバラエティ番組で当時付き合っていた男性から高額な慰謝料をせしめたといったVTRまで動画サイトに出てきて色々カオスなわけです。私個人的な意見としては「大臣が原稿の漢字を読み間違えた」が報道されていたかつての時と同レベルと思ってしまう。これ仮に提案者と野次発言者の性別が逆転していたらセクハラだなんてならないわけです。そういった部分も含めて、毎度ながらセクハラ発言での炎上の度に、その線引きはどこにあるの?と思ってしまう私もセクハラオヤジになってしまったんでしょうか。ええ、そうですね、真摯に受け止めます。
今回に限ると、セクハラ発言をされてしまった女性議員、男性側としては「面倒な女性」といったレッテルを少なからず持たれてしまったことでしょう。少なくとも私は正直申しまして近寄り難い、出来れば近づきたくない女性という印象になりました。あの発言の時「だったら素敵な男性を紹介して!」くらい言い返せば一躍スターだったかも?あ、それじゃあ報道にもならいでしょうかね。例えば野次したのが福山雅治さん級のイケメンなら問題になったでしょうか?今日いまさらになって野次発言をした議員が出てきて謝罪してましたが、「じつは女性議員のことが好きで…」くらい言えば一部の株は上がったかも知れないと思うと…。いや、そういったお笑いは必要ないですか、ごめんなさい。でも日本にはある種の「組織愛」とか「和を以て尊きと成す」精神があるはずで、同じ議員であれば仲間でもあるはずです。会派の違い等をこえて議員の懇親だってあるはずで、そういった表面上にせよ人間関係をブチ壊す野次、ないし対処というのも少しは考えてみるべきかと思うわけです。おとなげないなと。
セクハラの本質は投げかけられた女性側の受け止め方いかんに掛かっているという本質は充分理解したうえで、それでも女性だって人間ですから同じ発言を同じタイミングと同じ人から言われていても、その時の気分によって受け止め方や切り返し方が違うはずです。これも女性側マターで決まってしまうセクハラって便利な言葉だなぁと。誰が聞いてもこれはマズいという発言は別ですけどね。今回に関しましては解釈まで出てくるくらい微妙だって認識があるのなら、問題にして騒ぐほどに『別の意図』があったんじゃないかと勘ぐるわけです。

最後に少子高齢化に関しまして…今は亡き私の母はハタチそこそこで私を出産しておりました。今私は40歳。私が母の立場であれば息子は成人です。チョット驚いてしまうのですが、私は母のお陰で健康そのものです。先日健康診断をしましたが視力はいまだ2.0。こんな丈夫に産んでくれた母には感謝が尽きません。その母が生前に言っていた「子供は早く産むべき」というポリシーは正しいと身を以て感じている私です。

※この私見ですら不快であるというご意見があれば真摯に対処したいと思います。私は辞める会派もないので、出処進退に関しましては責任を持ちかねますが…。


にほんブログ村 花ブログへ
クリックをよろしくお願いします。
花束とアレンジメントのギフト フラワーゼーレ
この記事へのコメント
是非コメントを書き込んでください
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

フラワーゼーレの前身となる「高橋生花舗」時代の
店長コラムはこちらをクリックしてください。