2014年06月16日

#0516 サッカーのこと

サッカーのワールドカップ、日本初戦でしたね。サッカーに深い知識はないしそれだけでコラム書けるような人ではないんですけど触れるだけならいいかと。店長です、こんにちわ。

さて、残念ながら初戦から負けてしまったわけですが、それでも素晴らしいですよ。代表選手達には心から拍手を送りたい。こんな私でさえテレビを観たわけですからね。しかし試合中にクルマの運転はキツかった。みーんなクルマ運転しながらテレビ観てましたね。事故が多かったんじゃないでしょうか。出来れば平穏にサッカーを観ていたかった警察官も事故処理に走らされては不機嫌な事故証明作業に追われたりそれで負けちゃったもんだから、なお落ち込んだりしてるのではないかと、勝手な想像を巡らせました。負けてもドンチャン騒ぎした渋谷とか報道されてましたけど、基本あそこにいる人達の何パーセントが本当にサッカーを愛している人達なんだろうかと疑問に思うのです。
難しい話かも知れませんが、サッカーに限らずスポーツが盛んな国は国民も成熟していて平和であることが前提にある…というのを聞いたことがあります。強いか弱いかではなく、スポーツにお金を掛けられる生活を出来ているという事自体が平和で成熟した国家だと言えると。一方で政治不安の緩衝材というか国民の政権批判の目くらましとして国民的にサッカー狂いにしてしまい、注意を逸らすという手法に使われている場合もあるわけです。軍事独裁政権下にありがちで極貧でも子どもの頃にボールを預けられて、それだけで遊んでいるうちに英才教育的なヤツですね。こと最低ボールがあれば何とかなるという種類のスポーツです。どっちなんかーい!と。結局平和とスポーツって関係ないのかなと。サッカーひとつで政権倒れるような国もあるわけですからね。日本は本当に良くできた、しかもそういった政情不安のハングリーにも臆することなく国際試合をこなせるんです。Jリーグが始まった年、私は東京に住んでおりましたが大騒ぎしていた世間とは裏腹に「どうなるんだろうか。プロスポーツ増やして…」と1人冷めた視線でいたものでした。そして日本のサッカーといえば切っても切れない韓国ですね…。やはり大喜びのようです、日本が負けて。自国の成績よりも日本の負けしか望んでいないという。もうどうなってるんでしょうかね、あの国は。逆に可哀想です。相手国となったコートジボワールもやはりというかアフリカ大陸では豊かなほうのようですが、先進国並とはいかず、内戦やらクーデターを繰り返してきた歴史があります。アフリカ大陸内では強豪国の一翼のようですが、いままでワールドカップ決勝に行った事は無い国です。徐々に成績を伸ばしてきている国といった感じでしょうか。

ついでに世界の勉強も出来るワールドカップサッカーって素晴らしいですな(棒)



にほんブログ村 花ブログへ
クリックをよろしくお願いします。
花束とアレンジメントのギフト フラワーゼーレ
この記事へのコメント
是非コメントを書き込んでください
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

フラワーゼーレの前身となる「高橋生花舗」時代の
店長コラムはこちらをクリックしてください。