2014年05月11日

#0511 ヒマな母の日のこと

↑記事番号まで5.11って…狙ってないですけど、皆さま、母の日はどのように過ごされたのでしょうか。店長です、こんにちわ。毎年恒例の暇な母の日を過ごした花屋店主。

さて、母の日当日に仙台国際ハーフマラソンでの交通規制にて花屋らしからぬヒマな一日を過ごして3年目。母の日当日のマラソン大会自体はずっと行われてきたのですが、震災後からスケールアップして大規模化したため、当店は配達に出ていくこともできず、ご来店客も来られないという状況です。それでも休業せずに営業するいじらしさったら乙女のようじゃないですか。誰も言わないから自分で言いますけどね。
生まれてこのかた、母の日という一大イベントの提供側をして生きてきた私としては、「母の日に何かしてあげなくちゃ」という一般消費者の視点が無かったかに思います。既に他界した母に対しても母の日だからという理由で何かをしてあげた経験がございませんでした。これが一番悔やまれる部分だったのですが、現在では妻は母であり、息子達もだんだん大きくなってきた。しかも当店は母の日需要というものが発送手段のものだけとなり、当日はヒマに。するとですね、忙しさにかまけてしてこなかった母の日を意識せざるを得ないんですよね(今更って言うな)。「あー、一般消費者ってこんな事を思っているんだろうな」と判り始めてきた。とにかくテレビ・ラジオ・インターネットと堰を切ったように「母の日」というキーワードで溢れるんですよ、当日なのに。今更なのに。すると何もしようと思わなかった人でも危機感を感じる。なんだか母の日に何もしないのは反社会的なのではないか?と。それで心変わりが起こり、当日の当日になって焦る人って相当数いるんですね。その方々を上手にお客様に出来ればいいのでしょうけれど、当日ともなると…しかも当店所在地では…。その日だけ店舗を飛び出しての移動販売という手も考えますが、じつは暑い5月で生花を移動販売となると一年で一日の為にどれだけの経費か?となってしまう。攻めに転じれないんですね。
こうしている間にも母の日のマラソンは確実に浸透し、当店は過去にないくらいヒマな母の日になったんですけどね。

ホームページのほうは堅調でした。まだまだ改築中で使いづらい、しかも送料・消費税の改定にも関わらず変わらずの御愛顧を賜り、誠にありがとうございました。心より御礼申し上げます。


ネコの手?いやいや…借りるまでもないんだよ、みやちゃん…
image1.jpg


にほんブログ村 花ブログへ
クリックをよろしくお願いします。
花束とアレンジメントのギフト フラワーゼーレ
この記事へのコメント
是非コメントを書き込んでください
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

フラワーゼーレの前身となる「高橋生花舗」時代の
店長コラムはこちらをクリックしてください。