2014年02月16日

#0499 生花配布のこと

週末ごとに大雪となりましたね。今回は仙台市内も雪崩や交通麻痺が起こったようです。雪質による原因が大きいですかね。店長です、こんにちわ。それでも予定されているイベントは行われる!

さて、生花スタンドってありますね、上下二段や上一段で長方形の名札が上がっている生花です。葬儀か御祝いで使用するのですが、葬儀用に関しましては地方性も出るので一概にいえませんが、御祝いに関しましては結構お花を引き抜いて持って帰る方や、主催者側で分解して紙に包んで配布するなどという事が行われます。本日もあるイベントに納品した御祝いのスタンドをその場で分解してお客様に配布できるようにして参りました。好きな方は自分で積極的に抜いて持っていくのですが、「妻に」とか「お土産に」と称して男性が取ろうとする場合「いかんせん私にはセンスがない」とか「花屋さんに任せるから何か取り繕ってくれ」といったご用命が。当店としましては生花スタンドをそのまま撤収しても綺麗な盛りのお花たちを捨てるしかありません。生花スタンドに使用したお花を再利用など出来ませんし、取って置いても使い道がないばかりか数が数ですから自分で楽しむという事もできません。何より私の場合ですが、仕事で花に触れているためか自宅でまでお花を飾るという事をしません。本当はいけないんでしょうけどね。仕事しか思い出せないので。ですから、その場で綺麗なうちに持って帰られる事に関しては何の抵抗もないですし、むしろそれで笑顔で帰られる方が増えるという事は嬉しいことですらあります。(業務的にもゴミが減りますし…処分もタダではないので)
ここでいう一般の方々のセンスという部分。もう生花スタンドとして組み合わされているものからお花を複数種類抜いて組み合わせようというわけですから、センスも何もないですよ。一つの生花スタンドとして使われているお花はすでに選ばれているものですから、そこから抜いて組み合わせる場合にセンスもなく全種類を抜いていけばいいでしょう。ただし一つのスタンド花からのみです。複数のスタンド花から好きな花だけ取っていくとセンスも何も無くなります。一つのスタンド花から一つのパターンの組み合わせって具合に持って帰ると良いですね。ここで綺麗に組んだりできると周囲の目が変わるようです。そういった現場を数多く見ておりますが、女性ですら「その組み合わせカワイイ!」などと言い合っていて微笑ましい所に、もし仮に男性もこうした事ができると…ポイント高いですよ〜。

花屋さんは本業ですから褒められるなんて事はなく粛々と組み方を手伝うのみですが…。



にほんブログ村 花ブログへ
クリックをよろしくお願いします。
花束とアレンジメントのギフト フラワーゼーレ
この記事へのコメント
こんばんは
生花スタンドのお花をいただいたことはなく、結婚式で飾られているテーブルのお花ももらってはいけないものと思っていて、大胆に持ち帰ったことはなかったです、頂いていいものなのですね。
我が家は普段お花のないお家なので、春先にお花のある暮らしができると、春を感じられることもあり、とても気持ちが癒されます。
3月に向けて店頭のお花も、暖色のお花がふえているのに、この2週間また今週半ばも雪マークをみると、お花の流通も影響があるのではないかとおもってしまいます。
今年の雪は生活に影響があるので、とてもこわいですね。
食料品のように割引セールはお花はしないのですか?してはいけないのですか?
おうちで飾るお花なら少しB級品でもいいと思う人はいるように思いますが・・・
Posted by kashima at 2014年02月16日 23:04
いつもご愛顧頂きましてありがとうございます。
結婚式はまた一概にすべていいとも言えない場合があります。このTPOが難しいんですよね。葬儀も仙台では持ち帰りますが、「縁起でもない」と持ち帰らない地域もあるくらいです。結婚式場に限定しますと、式場によっては使い回す例もあるようです。
お花のセールは禁止しているような風潮はございませんよ。むしろより生活に根ざすべきならやるべきなんでしょうね。ただ国内の生花生産量はどんどん下がっており生産者も減る一方です。安い相場がいつなのかも判明しないため安売りをたとえば広告してできるような見通しはないんですよ。突発的に安かった!から店頭やネットなどで利用して多めに使用するというスタイルにどうしてもなってしまうんですよね。難しいところです。
海外産がB級というイメージもなくなりつつあり(国内で生産しなくなると比較がないため)なかなか…。

より安いご提供をしたいと常々思っていることは確かですよ。
Posted by 店長 at 2014年02月16日 23:49
是非コメントを書き込んでください
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

フラワーゼーレの前身となる「高橋生花舗」時代の
店長コラムはこちらをクリックしてください。