2014年02月09日

#0498 大雪のこと

全国的に大雪になりましたね。平日に被らなかっただけ良かったのでしょうか。日曜日は一日雪かきで腰が破壊された店長です、こんにちわ。実際の地獄はこれからです…。

さて、始まりましたソチ冬期オリンピックですが、ロシアっていうだけで勝手に思っていたのですが、現在のソチって気温10度以上あるんですね。日本のほうが寒いっていう。当然冬期オリンピックですから、会場は山間部などでしょうけれど。
仙台もそうそう豪雪地帯というわけでもなく、こういった大雪は毎年2回〜3回程度あるかどうかでしょうか。ですから逆に豪雪地帯のように積雪に対するインフラが整っておりません。除雪車だってそうたくさん保有していない行政ですから、大雪になると街中大変です。これは今回の大雪で関東圏でも経験する事になるかも?まだ東京は一気に気温が上がれば雪解けも早いでしょうけれど、この早さがかえって大変な数日になったりします。雪は均等に解けるわけではないので、人や車が踏み固めた場所から、また逆にそこだけ除雪するとアスファルトが露出した所が「谷」になります。ここに雪解け水が大量に流れ込むため、かえって歩行困難になります。車道ではワダチに大量の雪解け水が溜まり、これを跳ね上げながら走るので歩行者はズブ濡れになる。中途半端と言って良いかですけれど、常に豪雪でない地域は除雪も排水も中途半端です。もっとも東京に限ればすぐ暖かくなったようで、ほぼ雪は解けたようですが。特に仙台では夜になると氷点下ですから、これらの雪解け水が凍ってスケートリンク状態になり大変な状況。当店は北西向きのため、除雪して山にした雪もしばらくは解けずに残ります。日の当たる場所は一気に解けるのに、当店前は解けては凍り、また解けて…と繰り返す。これを除雪(除氷?)するためにツルハシで掘る!そうです、ツルハシです。毎シーズン一本は大破して買い換えるという非効率です。この状況を避けるために雪の降り始めに除雪剤を撒けばいいと思われるかもしれませんが、除雪剤では根本的に使用方法が異なりますし、どんなに撒いてもその上から降り積もる雪には対処できません。
でも、私は何故かまだ大雪という状況にワクワクしてしまう。出勤に時間も掛からず、配達は基本的にクルマだからでしょうね。お気楽に大雪を楽しめてしまう。命に関わってしまう方々には大変不謹慎ですね。ごめんなさい。でも私の心情としては「もっと降れ〜、もっと積もってみろー」と楽しむ感覚もあります。殊勝な男です。今シーズンはあと何度こんな状況になるでしょうかね。楽しみでもあり、大変でもあり。

長男と雪だるまを作りました。
1239744_478730268898816_470616221_n.jpg


にほんブログ村 花ブログへ
クリックをよろしくお願いします。
花束とアレンジメントのギフト フラワーゼーレ
この記事へのコメント
こんばんは、16日にブログを拝見しましたので大雪第2弾のコメントさせていただきます。
先週は積もって、次の日は晴れての状態だったので、月曜日はそれほど影響がなかったのですが、今回は積もった雪のあとに雨がふって雪が雨を含んで重たくなり、周りの家のカーポートが破壊しているのをたくさん見られました。
我が家のカーポートの屋根も、大屋根から落ちてきた重い雪で割れてしまいました。
たちの悪い雪化になってしまっています。
雪国育ちの私も主人も雪の量には、対したことがないと思いますが、回りの方の除雪の仕方が一箇所に雪を固め積み上げる方法を見てしまうと、これでは雪が溶けづらいんだけどなーと思うばかりであります。
ノーマルタイヤのお宅が多いので、走る道路と駐車スペースをなんとかしないと思うからこのような方法になるのでしょうね。

季節感があるといえば雪もいいのでしょうが、生活に影響のある極端な降り方や季節はずれのことがあることはなくなってほしいですね。
雪の怖さを知ってる自分なので、もう関東圏の降雪はなくていいです。
Posted by kashima at 2014年02月16日 23:25
ご感想ありがとうございます。
本当に関東圏など雪の心配をしていない所で起こると大変ですよね。でも温暖化というのはこうして極端な天候になっていく事だそうで、これからも冬は寒く夏は暑いが極端になっていくのかもしれません。
寒いイメージのある仙台でも今回は効きましたね。
カーポート、割れてしまったのですか!あれって意外と高いんですよねぇ…。こちらでは割れるという事はあまり効きませんが、どちからといえばソーラー発電パネルを壊したという事例があるようです。
写真の雪だるまですが、一週間経った今でも健在なんですよ。路肩に山にした雪もまだまだ解けそうにない仙台です。
Posted by 店長 at 2014年02月16日 23:54
是非コメントを書き込んでください
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

フラワーゼーレの前身となる「高橋生花舗」時代の
店長コラムはこちらをクリックしてください。