2013年12月09日

#0489 靴のこと

師走です。まだ雪は降っていませんが、もうそろそろ仕事で履いているクツが限界だったので買い換えた店長です、こんにちわ。クツって大事。

さて、靴一つ買いに行くにも億劫になって面倒だと思っていたのですが、やっと重い腰を上げて買いに行ったのです。全国的にチェーン店になっている店でした。どうせすぐ履き潰すと考えて安い靴しか履いてこなかった私は今回も3000円で釣りがでるような安い靴を買ったわけです。しかし今回ばかりは酷かった。クツズレどころの騒ぎはなく足が痛い。足の親指・付け根・小指側がとにかく当たって仕方ない。サイズも実寸より大きめを買っているのですが、どうも靴底との相性が良くなかったらしく、三日目には歩くことさえ困難な状況に。私はあまり靴を多く持っているタイプではなかったので、仕事での一張羅に支障を来すのは問題もあり、仕方なく余所行きを履きつつ昨日やっと新しい靴をまた買い換えたのでした。5000円にランクアップしたのですが、結局数日しか履かなかった靴と合わせても8000円。始めからそれくらいの価格帯をかっていれば良かった…。安物買いの銭失いとはまさにこの事です。余所行きとして持っていた靴のほうは、じつは大変高価な靴でした。現在なら大卒初任給二ヶ月分くらい!靴にこんな金を掛けたのはこれくらいなものです。バブル絶頂期の高校時代に母親が奮発して買ってくれた革靴で、さすがに幾度となく靴底の張り替えは行いましたが、今でも問題なく履けています。誰もが知る一流ブランドですが、やはりブランドのブランドたる所以があるなぁと体を以て知りましたね。20年以上履けているんです。
私は衣服に無頓着ですので靴もその最たるもので、当然、人の足下を見るような事は全くなく、どんな靴を履いているかなどには興味もないのですが、見る人は見るんですね。靴で人が判ると断言する人までいますよ。私はつまりそういう人って事ですか…ええ。随分前、土砂降りの雨の中、泥だらけの靴のまま新幹線に乗って東京へ行った時の事です。銀座の飲み屋で指摘されたんです。意外ですが泥だらけの靴を注意されたわけじゃない。「靴にドロが付いてますね、都心でそれはお金持ちって事です」と。つまり都心で靴に泥が付くという事は庭付き戸建てに住んでいて、都心までほど近い場所に構えている…年収の高い人だと。

言えませんでしたね…仙台から来たって…。
相当ボッタクられたような気もしましたが。あ、そういう策略だったのでしょうかね?店長でした。



にほんブログ村 花ブログへ
クリックをよろしくお願いします。
花束とアレンジメントのギフト フラワーゼーレ
この記事へのコメント
是非コメントを書き込んでください
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

フラワーゼーレの前身となる「高橋生花舗」時代の
店長コラムはこちらをクリックしてください。