2013年08月25日

#0474 匿名のこと

東北地方では本日が夏休み最終日という場合が多く、長男が夏休みの宿題での積み残しに絶賛七転八倒中でございます。店長です、こんにちわ。自由研究、図工、習字など残るものって決まってます。

さて、不思議ですが「これ系」と分類されるご注文って一度来始めると続けて何件か来たりする事ってあります。二度あることは…ではないですが、二度目もすぐにやってくる。当然ながら注文主様に何の関連もないはずです。不思議なものです。で、すでに過去に記事にしていたと思っていたら全然触れていなかったので、今回は久々にネタありの楽な更新。
お花のギフトって良くあるのですが「匿名で」とか「注文主の情報はすべて伏せて下さい」という要望があります。当然ながら当店ではこれらの仕事は一切お受け致しません。というか過去に何度か受けて、高確率でトラブルになっている都合、これら「匿名で」のご注文は受けない事に致しました。まず箱詰めによるヤマト運輸発送の場合は発送元の情報記入は必須ですから空欄のまま送るなんて物理的に不可能なのですが、当店にて直接配達できる距離への配達であっても、匿名やニックネームなどの注文は極力受けないようにしております。一番多いのが水商売系のママやお姉様達のお誕生日祝いの花ですね。
『○○ちゃん(ニックネーム)で分かるから、それでいいから!』
その名前だけで持って行くと、ほぼ7割以上の確率でその水商売各位の方々から「スミマセン、どこのどなたか分かりませんか?」と聞き返される…。仕方ないですよね、ご注文主にとっては恋人の延長のような関係性を錯覚される水商売ですが、そのお姉様各位にすれば多数のお客様の一人…悲しいかな現実とはこういうものです。このケースの場合はニックネームでの要望には応えますが、本名・住所・ご連絡先等は必ず控えておく事としています。お受け取りされる方の要望があれば開示することを前提としております。
最も配慮が必要になるのが「彼女」や「彼氏」「友人」などの関係性でありながら匿名を要求するご注文主様です。まず当店としましてもそれだけ親密な関係でどうして匿名にこだわるのか?を疑わざるを得ません。驚かせたいという気持ちはよく分かりますが、箱に、伝票に、注文主の情報があるかないかでサプライズの度合いって変わるのでしょうか?私はそうは思いません。逆に匿名やニックネームなどで送られてきた小包や荷物を、貴方なら受け取りますか?という事もあります。親しき仲にも礼儀ありです、名も名乗らないでギフトとはおかしい気がしますし、受け取ってすらもらえないリスクもあるということです。すこしクダを巻いてしまいますが他のギフト、たとえばお中元やお歳暮を匿名で贈る人はいませんね。どうして花のギフトなら匿名で贈れると思っちゃうのでしょうかね。そんなシーンがある映画やドラマでもありましたかね。花を贈るという行為が恥ずかしくて仕方ないから匿名で…というなら、誰からなのか本当に分からない状況にまで持って行かないとバレますしね。考えば考えるほど辻褄の合わないギフトになる。
過去にあったのですが、注文主がストーカーという事例がありました。一方的に恋人だと勘違いしてお花を贈りまくる。匿名ではなかったのですが、毎回注文主のニックネームを変えての注文でした。配達先様から打ち明けられて数回で止めたという経験がありました。
こういう経験もあり、またギフトで匿名にするという必要性が理解できない事もあって、当店では一切匿名でのご注文はお受けしておりませんのでご理解頂きたいのです。

名前は堂々と名乗ってこそのギフトです!
こんな当たり前の事ですら神経を遣わねばならない世の中なんですね。



にほんブログ村 花ブログへ
クリックをよろしくお願いします。
花束とアレンジメントのギフト フラワーゼーレ
この記事へのコメント
是非コメントを書き込んでください
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

フラワーゼーレの前身となる「高橋生花舗」時代の
店長コラムはこちらをクリックしてください。