2013年04月28日

#0457 母の日2013のこと

遅ればせながら、母の日特設ページを開設いたしました。やっとです。それもこれも安定せず、母の日に入荷の確約がとれるお花が実に少なかったことがありました。店長です、こんにちわ。特設ページを作って母の日が半分終わったような感じ。

さて、当店ホームページからのご注文はほぼ毎年変わらないご愛顧を賜っており、リピート率の高さも相まって、アグラをかいてはいけないのですが、ある程度の見通しが付きます。問題は見本品を考える時、そのお花が確実に母の日直前で入荷できるかどうか…という事に掛かります。赤のカーネーションなど判りきったものは確実に入荷しますが、少しでも個性的で他店とは違う、もっといえば毎年当店をご愛顧頂いている“ツワモノ”なお得意様でも納得して頂ける、頂いたお母様達も「今年はこう来ましたか」と納得し、さらに初めて当店をご利用になるご注文主・受け取り先様も喜んでもらえる分水嶺を探るというのは結構大変なんです。

そこで今年はかなり試験的な事を始めました。毎年当店のお花をお買い上げ頂いているお得意様はお気づきと思いますが、「フラワーゼーレにしては今年の母の日が貧相に見える」(自分で言うか!)です。これは絶対に入荷できるという最低線のお花だけで『感じ』を掴んでいただき、これをベースに『何かを追加します』というもの。この『何か』は母の日ギリギリになるまで当店も判りません。何せ安くていい素材を行き当たりばったりで探し出し、これを追加しての制作という修羅の道を選んだからです。当然見本の写真通りにはなりませんので全員分の発送商品画像を添付するという自殺行為に近い内容です。何故こんな手の掛かることが実現できるのかといえば…次が問題です。これから永続的に当店を悩ませ続けるであろう事案…。

「仙台国際ハーフマラソン大会」です。このマラソンは仙台市内中心部の一般道を閉鎖してマラソンコースとするため、主要道路及び周辺道路は交通規制による大渋滞です。当店はそのマラソンコースによって四方八方全てを塞がれており、つまり陸の孤島状態です。配達に出る事もできなければお客様が当店へ辿り着くことすら叶わないという危機的状況です。昨年は午後1時になってやっと配達が出発できたという反省も踏まえ、今年は当店よりの当日直接配達はすべて致しません!誠に申し訳ございませんが物理的に不可能なのです。母の日当日の配達は通常、前日土曜の夜を徹して制作し、配達のルートを勘案して挑むのですが、今年からこの土曜の部分が全くなくなるため、ホームページからのご注文により注力できるという結果になります。一件一件の発送にもっと向き合える時間ができるのではないか…。というか、それくらいしかできることがないのですが…シッカリと今あるお仕事に向き合うのがプロの原点…とか格好良さげに言ってみたり。
image1.jpg


今年の母の日に当店のアレンジメントは「ラメ」をキーワードとしました。キラキラしたものはやっぱり単純にキレイなんですが、何となく勢いづいてきた世相も意識してのものです。何より世のお母様世代の慣性が若いこと!十代が喜ぶのではないか?というほどのギリギリのラインに振ったデザインです。今年も頑張ります。ご期待下さい。


にほんブログ村 花ブログへ
クリックをよろしくお願いします。
花束とアレンジメントのギフト フラワーゼーレ
この記事へのコメント
是非コメントを書き込んでください
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

フラワーゼーレの前身となる「高橋生花舗」時代の
店長コラムはこちらをクリックしてください。