2012年09月16日

#0425 ガンプラのこと

子ども達にせがまれて一緒にやっているうちに私がハマってしまうものは多く、過去も長男に影響され「トミカ」「レゴブロック」をご紹介したのですが、今回はガンプラです!店長です、こんにちわ。呆れられてる男。


さて、ご存知ない方も多いと思いますので「ガンプラ」とは『ガンダムのプラモデル』を略したものです。ええそうです、ガンダムなんですよ。ガンダムもロボットもののアニメではございますが、その設定やロボットを実際の兵器と同じ視点から考案する都合、とてもリアルなんですね。リアルとはいえ、人型のロボットという部分一つ取ってもまだ実現していない技術であるばかりか、兵器として人型ってどうなんだ?と疑問もあるんですが、まぁそこは架空の兵器ってことですからご勘弁頂きたい。基本的にガンダムという作品のメインスポンサーがバンダイという模型メーカーですから、ガンダムの玩具というものは完成品もありますが、ほとんどがプラモデルです。買ってきて、自分で組み立てる事が大前提。ですから子供のオモチャとするにはチョット手間がかかる。まだ自分で作れるというレベルではないのです。ですから私が作って差し上げているうちにハマってしまい、なかなか抜けられなくなっているのですが。
しかも調べていくほどに星の数ほどあるガンダムのプラモデルにも価格帯別にグレードがあり、仕上がりの大きさも千差万別。プラモデルなのに1万円を超えるものもあるんです。さすがにそれは手出しできないのですが、最近、子供をダシに自分の趣味だけで買ってしまったガンプラは5000円超えの超大作!私もまさか大人になって5000円を超えるガンプラを作る事になろうとは思いませんでしたが、約3ヶ月もかかったんですよ!Amazonなどのユーザーレビューを読んでいたら闘争心に火が付いたと言いましょうか、「ガンプラの中でもピカイチの難しさ」などの評価を読むにつれてやる気になったというか。マンマとバンダイの策略にハマってます。
子供を寝かせてからの30分から1時間、ニュース番組を観たり、妻と団欒しつつの手持ち無沙汰が無くなりました。チョット部品を組んで着色して…を繰り返す。塗料が乾くまで次の作業は出来ないので、一日にできる時間もそう長くなく、結果1ヶ月以上はかかるという。今回の場合は5000円を3ヶ月程度ですから、趣味としてはコストパフォーマンスも高いですね。外出もしないし、意外とカネかからない趣味だなぁと。ずいぶん内に篭もった趣味ですが、今のところは面白可笑しくやってます。
ただそれだけで済まない私はガンダムを色々調べたりしていたわけですが、ガンダムという作品内に搭乗するロボットはすべて架空でありながら、それ専門のデザイナーというのも商売としてあるんですね!とはいえ日本に5人程度…ということは世界で5人という事でしょうが。そのデザイナーが考え、これを製品としてプラモデル化し、しかも晩酌片手に作り上げた私の作品を以下に展示します!あまり上手ではございませんが、私にしては上手なほうなので、当展店頭の端っこにも常設展示しております(笑)。是非ご覧下さい。

image12_09_16-001.jpg

image12_09_16-002.jpg

image12_09_16-003.jpg

image12_09_16-004.jpg

image12_09_16-005.jpg



にほんブログ村 花ブログへ
模型店ではありません。
花束とアレンジメントのギフト フラワーゼーレ
この記事へのコメント
是非コメントを書き込んでください
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

フラワーゼーレの前身となる「高橋生花舗」時代の
店長コラムはこちらをクリックしてください。