2012年06月10日

#0411 非常識のこと

まぁ愚痴になってしまうのですが、当店だけではない問題になっているのでネタに。お客様は神様ですが、捨てる神あれば拾う神もあろうかという事で。店長です、こんにちわ。神に拾われたい男。できれば女神。

さて、とても非常識ではなかろうか?という要望をするお客様のお話。いくつかご紹介しましょう。当店の近所にはヤマト運輸の集配所があります。ここに裸のままで植木や鉢物を持ち込み、当然特殊過ぎる形状のため、ヤマト運輸で販売している段ボール箱の規格に合わず拒否される事があります。するととうてんを見つけてやってくる。『他店で買ったんですけど配送してもらえませんか?』『カネは払うから生花用の段ボール箱を売ってくれ』『安いからホームセンターで買ったのだが…配達料を払うから配達して欲しい』
当店は花屋であって便利屋でも配送屋でもない。配達するも発送するも当店の商品であるからするのであって、何故他店から買ったものを当店が出さねばならないのでしょうか?非常識ではなかろうかと思うんですね。類似したものですと、激安品の切り花を他店でバラバラに買ってきて当店に持ち込み、それをアレンジメントや花束に仕上げろといった要望。誠に申し訳ございませんがコレばかりは協力できる余地がない。こういう非常識な事を言う人に限って一見様で見も知らず、お断りすると居直って怒り出したりする。もう手に負えない。非常識だと思っていない(思ってないから頼みに来るのでしょうが)事がもうね、どうなんでしょうかと。レアケースではないんですよ。意外と多い。
次いで多いのは一度も当店からお買い上げ頂いた事がないのに、アドバイスだけ受けて帰る方々(笑)。ホームセンターなどで安いからと園芸品を買い、しかしそこのスタッフの対応では不安だと感じるのか、適切なアドバイスを受けられなかったのか、『トマト植えたんですけど、どうすれば大きくなるんですか?』一度や二度ならまぁいいですけれど、のべつそれしか聞きに来ない!栄養剤などをオススメしても「ありがとう」と言って帰り、ホームセンターで買って後日また当店へ来て「栄養剤買ったんだけど、どうすればいいの?」と。足繁く当店へ来られるだけいいのか、聞かれた事に答えないわけにもいかず、アドバイス差し上げているのが現状です…。何とかならないものか。アドバイス料などと称して料金表でも見せるべきなのか。そんなことできようはずもないですね。たまには当店からも買ってください。そう高いわけじゃないと思うんですが。
驚くのが『タクシー呼んで』です。立地的に駅に近い当店周辺ではかえってタクシーを捕まえづらい。これは理解できます。しかし近いだけに駅まで行ってくださいと言いたいのですが、ご老人だったりするとそうもいかず、しかしこれが結構多い!駅までたどり着けないままでは可哀想だとも思うのでタクシーを呼び、来るまでの間に店内で座って待っていたりする。親切でしょうけれど、どうなんでしょうか…。

私だって気づかないまま非常識な事はやっているかも知れません。しかし人様に迷惑をかけるような事はしていないと思うんですけどね…。あ、皆さんそう思っているから非常識なんでしょうか。だとすると私も非常識???常識的っていうのが分かりませんが、考えてしまうことが多いですね。特にヒマに時期になると目に付くんですけどね。


にほんブログ村 花ブログへ
常識的にクリック!
花束とアレンジメントのギフト フラワーゼーレ
この記事へのコメント
がはははは。いやいや。本当に、もう困るよねえ。
Posted by 同業者のさとう051 at 2012年06月10日 18:33
いつもありがとうございます。ネタに使わせて頂きました。
Posted by 店長 at 2012年06月10日 18:41
こんにちは
今回のブログネタ・・・えっ〜て、びっくりでした。
あるんですね、こんなこと。
先代から続いてる地域に密着したお店であるゆえに〈おことわり!!〉と貼り紙できない現状ですよね。
お花の箱については、ヤマトさんに貴店で扱っているサイズのものを置いて販売してもらうことってどうでしょうか??
全く違う立場ですが、私が経験したところで事前に保育の予約をした母親が当日に連絡なしで子どもを連れてこないで自分だけ会議に参加してる事が最近ありました。
子育て応援の一環で無料でお預かりとしていますが、スタッフの体制があるので経費はかかっています。せめて保育はしませんの連絡はほしかったよねと・・・
人間性のモラルがなくなってる寂しさを感じている自分であります。
Posted by kashima at 2012年06月11日 15:08
いつもご感想賜り誠にありがとうございます。張り合いが出ます!
アドバイスありがとうございます。当店の箱をヤマト運輸で販売というのも手ですが、当然、ヤマト運輸さんに支払うマージンを加味するとヤマト運輸グループで作ったほうが安上がりという事はあります。また、既にあるのに常備していないだけという事も想定されます。何かしらの理由からヤンワリお断りしているだけで、実際には可能なのかも知れません。ここは想像ですけど。

保育の現場は本当〜に大変ですね!同じく幼い子供を預けていると、保育士さんたちの苦労が良く分かります。有償無償にかかわらず、そこには人の手が入っているということに想像力が及ばないのが悲しいですよ。

と立派そうに言いつつ、私もどこでご迷惑をお掛けしているか判らない…という怖さは感じますが(笑)。また、そういった人達を見て、注意できない自分がいるのも確かですしねぇ。難しいものです。
Posted by 店長 at 2012年06月11日 15:20
是非コメントを書き込んでください
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

フラワーゼーレの前身となる「高橋生花舗」時代の
店長コラムはこちらをクリックしてください。