2012年02月05日

#0393 政治のこと

面白い番組が少なくなってほぼテレビ番組を見なくなった私にとって、近年希に見る大爆笑番組がありました。しかもNHK、さらに平日の真っ昼間にやるという視聴率もヘッタクレもない時間帯で不定期放送です。店長です、こんにちわ。皮肉ですけどね。

さて、その番組は「国会中継」なんですけども、ええ。もうね、爆笑以外の何者でもないんですよ、これが現実だと思い出すとホロリと泣けてくるファクターまで含んでいるわけですから、バラエティとしてならこれほど高密度情報に溢れつつ低レベルな笑いを誘えるものはないと思うわけです。先般ご承知のとおり、現在の政府では消費税増税の議論が前面に出ております。しかしその増税分の使用用途がまたまた不明瞭です。すべて社会保障に充てるという話ですが、社会保障費と一言でいっても色々あるわけで、よよく聞くとやっぱり財政赤字の補填に回されるという。「ただちに〜」ではないですが、言い回しによる誤魔化しがまた始まっています。
民主党自体を「悪」として取り扱うメディアもあるのですが、そもそも政権奪取をしたくて広げた風呂敷をしまえなくなったのが事の始まりでしょう。実際に政権を取ってみたら「ムダを省いて予算を作る」なんて事はできなかった。これはある種仕方ない事です。それまで政権を取っていなかったのですから、与党になって初めて知った事も多かったのではないでしょうか。そもそも民主党に投票した方々の大多数は民主党のマニフェストに心底期待していた人って少ないように思うのです。動機のほとんどは当時の自民党ネガティブキャンペーン効果から来る「自民党にはお灸を据えてやろう」という感覚が大きかったのではなかろうかと。今思えば漢字の読み間違い程度でバッシングされていた麻生さんは可哀想でならない。問題は間違いを認めてマニフェストの改訂を即座に行わなかった事にあると思うのです。いまだに「公約違反はしていない」と言い張っているから凄い。消費税増税の議論だけはする、実際の増税は、その後の事だなんて、そんな言い訳が通用するはずがないのは、野田総理自身が一番感じているはずなんです。自民党谷垣総裁が言うようにマニフェスト違反は即刻解散総選挙という図式もまた極論過ぎる気がしますけれど、過ちは過ちとして謝罪する事は必要じゃないかと思うのです。

八ッ場ダムの廃止 →建設
普天間基地の県外移設 →普天間で
年間31万2000円の子ども手当 →最高月額15000円
ムダを省いて16兆8000億円の財源を創出 →消費税増税
平成24年度高速道路無料化 →被災地のみ
ガソリン税等暫定税率の廃止 →触れられず
総理経験者は議員を辞するべき →鋭意継続中

マニフェストに書いてある事は命がけで実行する、書いていない事はしない。政治が信用されない今、なにを信じればいいのでしょうか。

70分もあるオマケ



にほんブログ村 花ブログへ
クリックで総選挙?
花束とアレンジメントのギフト フラワーゼーレ
この記事へのコメント
是非コメントを書き込んでください
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

フラワーゼーレの前身となる「高橋生花舗」時代の
店長コラムはこちらをクリックしてください。