2011年04月24日

#0352 母の日2011のこと

今年は大変な母の日になりそうです。何よりも恐いのが自粛ではありますが…。それでもお母様への感謝の気持ちにはお花を!店長です、こんにちわ。同情される事が多いのですが実際ケロリとしている男。

さて、今年も遅れましたが何とか母の日専用ページを設置いたしました。今年は何と言っても3月11日に発生した東日本大震災の影響が大きく、母の日どころかそれまでに当店のホームページを復帰できるのか?が最大の難関でした。しかし関係各所の尽力、お客様からの暖かいご支援もあり、発送を担当するヤマト運輸さんも含め、だいぶ早いペースでの復旧が進んでおります。当店も被災地とはいえ天国のような状況ですが…。津波に限らず連日の地震に晒されている方々の感覚は3月11日で止まっている感じもします。実際に私もこうして週に一度、コラムを書いていなければ季節が変わりつつあることすら忘れていたかも知れません。

じつは当店が毎年使用していた母の日のお花は宮城県産を中心に取りそろえていたのですが、仙台市の隣にあります名取市が地元でのカーネーション生産では大きく、ここが津波によって被災してしまいました。全国的にも有名になってしまった「荒浜地区」です。全ての名取市産カーネーションではございませんが、被災したり自粛の気運が広がっている事もあって、その生産量・出荷量にも疑問が出ております。品種によっては国産よりもコロンビア産のもののほうが数段良いものもあり、これも積極的に利用しておりましたが、先日になってやっとコロンビア産も流通が復旧した状態です。このような状況でしたので今年の母の日特設ページでの見本商品を作れずにいたのです。すでに2月で決まっていたデザインも、震災を境に見本品の仕入れ・現物製作・写真撮影が出来ず、それ以前に周囲の復旧が最優先となってしまいました。今年は特に見本商品を作れない状況と、安定的に仕入れが行える保障がないこともあり、母の日商品も全商品「おまかせ」とした次第です。あらかじめご了承くださいますようお願い申し上げます。確実に入荷するお花だけで見本品を作ることも可能でしたが、最悪の相場(販売価格)を想定した見本品では何の魅力もないと思いました。やはりここは当店が最も得意とし、お客様からの高い評価もいただいている「おまかせ」で製作直前の相場にて、良い花をふんだんに使用したボリューム感と、ご注文されるお客様ごとに細かなコンセプトを想定する製作に着手したいと思います。今年の母の日は、そうそうご注文件数がないと思われます(自分で言うか!)。ですから一人一人のお客様にもっと向き合っての製作が出来るはずです。流れ作業の大量製作は今までした事がないのですが、より時間と思いを込めた製作をしたいと思います。
「自粛の風潮」につきましては数週間前に書きました。しかしそれでも力強く背中を押してあげられたら…という思いもあって、母の日専用ページには「ノー・モア・自粛」のロゴをデカデカと貼っております。「経済を回す」という観点からばかり言われているのもどうかと思うのですが間違いではないですし、笑っていただけたらと思います。それ以前ですが、母の日は「御祝い」ではありません。「日々のお母様に感謝する日」です!感謝に自粛ってないでしょう!幸せな人生に必須とされていることに「感謝すること」「感謝され必要とされること」があります。積極的に感謝してこそ、自分に還ってくるものが感謝の気持ちです。感謝し感謝されてはじめて必要とされるのが人だと信じております。





そうそう、トップページにて不定期にお花の写真を更新しておりますが、今回は大変仲良くさせて頂いております愛知県は豊明市のお花屋さん『SHOWKAEN.COM』様のコーナー『FLOWER NOTE』より写真をご提供頂きました。ありがとうございます。いつもは自分で撮影したり、無料の素材写真から採用しているのですが、同業者ながらFLOWER NOTEの写真は素晴らしいので是非ご覧下さい。


にほんブログ村 花ブログへ
クリックをよろしくお願いします。
花束とアレンジメントのギフト フラワーゼーレ
この記事へのコメント
是非コメントを書き込んでください
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

フラワーゼーレの前身となる「高橋生花舗」時代の
店長コラムはこちらをクリックしてください。