2011年04月03日

#0349 ヒマワリのこと

過去に一度は記事としており、スッカリ忘れていたのですが、ここ数週間のアクセスが急増して思い出した記事がございました。今回はもう一度引っ張り出そうという店長です、こんにちわ。手抜きとかしないですから。

さて、高橋生花舗というサイト名だった頃の記事『高橋店長のコラム #0002 ヒマワリのこと。』をご参照いただければ幸いですが、2004年当時「ヒマワリが放射能を分解する」と書きました。簡略的過ぎていますし、ちゃんとご説明しようかと。
どんな物質もですが、原子は出来たばかりの頃は放射線を放出します。それがなくなる時期は原子によって差がありますが、地球が誕生してしばらくは放射性物質ばかりの星だったことでしょう。その大半が放射線を出し終えた頃から地球環境が安定し、植物と生物が誕生します。この時から、動植物にはある宿命を持ちます。「みずからの子孫が生きていきやすい環境にするために放射性物質を積極的に自分の体に取り込み、取り込んだら外に出す事なく体内に集めて外に飛散しないようにする力」です。ですから特に植物は放射性物質を土壌や空気中から積極的に取り込んで体内で凝固させ、放射線を発しなくなるまで待つのです。ものによっては次の世代にまで引き継がせたりもします。その植物を食して体内被曝してしまう動物もまた、放射性物質の種類によって、体内の各所に蓄積し、これを外部に放出しないようにしてきました。動物は特に、放射線被曝をしてもチェルノブイリのような場所でも平気で生存してますよね。これは確かに体内被曝しているのですが、その影響で健康に害が及ぶより前に寿命を迎えるようになっているのです。半減期が8日程度のヨウ素でも、体内被曝による影響が出てくるには10〜30年です。逆に半減期がとてつもなく長いウラン(数億年〜数十億年)の場合、半減期が長いぶんだけ逆に体内への影響が少なくなります。当然、摂取量にもよるでしょうが、少なくとも動物においては被曝による影響が出てくる前に寿命になります。人間にも当てはまるはずなんですが、人間の寿命はとかく長くなりすぎたとも言えるのではないでしょうか。大昔の人類の平均寿命は40代で、20代まで成長できる確率も低かった。だから爆発的繁殖力の変わりに「繁殖期」のない体、いつでも出産できるよう進化したのではないかと…。
やっとヒマワリです。植物の中でも種類によって特にどの放射性物質を体内に取り込めるか、得意不得意があるようで、原発事故などで放出される放射性物質をより多く吸収してくれるのがヒマワリのようなんです。ヒマワリはセシウム137(半減期約30年)、ストロンチウム90(半減期約28年)、ヨウ素(半減期約8日)を土壌から吸収し、約20日間で90%以上を分解・除去する事が判明しています。これは画期的ではないか!と思うのですが、なかなか放射能に被曝した土地で実験できるものでもない都合、どんな植物が放射能にどう作用するのか、そのあたりのデータがハッキリしていないのも確かなんです。また、原子力発電などのように自然界には存在しない物質(プルトニウム混合燃料)などでの被曝において、これらが有効なのか?というのもあります。ヒマワリに限らず、これら植物が根から水分や養分を吸収する能力を利用して、土壌や地下水中の汚染物質を吸収、分解する技術「ファイトレメディエーション(phytoremediation)」というものも研究分野として確立しておりますが、今までは「カドミウム」などの公害重金属や「NOx」自動車等の排気ガスなどの環境面での研究が主です。不謹慎と言われるかも知れませんが、これから福島第一原発敷地内などでこれらの環境実験も行えるようになるといいなぁと。どっちにしてもしばらく封地で立ち入り禁止になると思います。広島・長崎と、世界唯一の原子爆弾被害国として原子力の平和的有効利用を考えたいというタテマエから始まった原子力発電所の使用…。しかしそれは間違いだった事はもう明白です。建造・燃料・運用・廃棄物・災害・解体どれをとっても「?」が残る。以降、日本で原子力によるエネルギーを利用しようなど出来ないことでしょう。これから日本が原子力被爆国として行うべきは「被曝してしまった場合の対処」における先進国になるべきじゃないかと思う次第です。

最後に、被曝して動植物が巨大化するという怪獣映画のセオリーですが、前述をご覧になれば分かるとおり、放射線被曝で巨大化・凶悪化なんてあり得ないわけですね。「チェルノブイリ近くでは巨大なタンポポが咲いている」などという噂もありますが事実無根なんです。あ、夢を壊しちゃっただろうか…?




にほんブログ村 花ブログへ
クリックをよろしくお願いします。
花束とアレンジメントのギフト フラワーゼーレ
この記事へのコメント
ヒマワリもそう、菜の花もそう。みんな植物が癒してくれるんですね。
植物の力ってすごいですね。
見ることでも癒されますね。
Posted by タツ at 2011年04月05日 15:13
いつもご愛読頂きありがとうございます!
植物はいろいろと癒してくれますよねぇ…。
でも、お花屋さんやってると効果が薄いような…。
仕事の事しか思い出せない体になっしまったと
いうべきでしょうか…。
お互いにもっとお花に癒されたいものですね。
書き込みありがとうございます。
Posted by 店長 at 2011年04月05日 15:32
ひまわりが放射性物質を吸収してくれる情報ってすごいことではないですか
ひまわりのお花そのものは夏の花のイメージ・・・
そして太陽に向かってお花が咲いている姿は人間にとって誰がみても
元気をもらえるお花ですよね。
ひまわりプロジェクトとして、被災した場所の平地にひまわり畑ができるといいですね。
お花って人間や動物より強く頼りにもなる、
また心をやすませてくれる『すぐれものさん』ですね。
Posted by kashima at 2011年04月07日 03:23
いつもご愛読頂き誠にありがとうございます。
あくまで噂ですが、今回の福島原発の敷地を実験的な場所として貸して欲しいといった声も上がっているようです。もちろん東京電力側は否定しておりますが、廃炉を決定した今では、跡地を利用したいと考える研究者も大勢いるようなんですね。
お花ってスゴイですね…。商売として長く付き合っていても、ハッとする事がいまだにあります。
Posted by 店長 at 2011年04月07日 06:49
是非コメントを書き込んでください
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

フラワーゼーレの前身となる「高橋生花舗」時代の
店長コラムはこちらをクリックしてください。